ノート術 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > カテゴリー - ノート術

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ブクペ」+「SonyReader」で読書ノートを作ろう!


読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング (Nanaブックス)
奥野 宣之
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
売り上げランキング: 17931


あれ?
Amazonのレビューでは辛口評価だな・・・。

まあ いいか(笑)

人に会って話をすると
大体「へー すごいですね!」という言葉と
ちょっと「ヘンなやつ」的な目で見られる読書ノート

写真等はこちらから
モレスキン的読書ノート
http://smilesignal888.blog44.fc2.com/blog-entry-464.html

手書きも好きなんですが
なんとういうか 持ち歩くものが
増えるのが難点 ということで最近は家で保管ということが増えています。

最近 抜き書き+ちょっとした感想ということで
ブクペを使っています
僕のまとめページ
http://bukupe.com/profiles/3624

せっかくブクペで抜き書きをしているのに
またノートに書いたりするのはめんどくさいなあ・・・
と思っていたところにやってきた「あいつ」

そう SonyReader



これで PDFにして持ち歩けばいいんじゃないか?
ということに気がつきました。

あとで読む(Pocket)+Evernoteでもいいんじゃないか
と思いますが、まだやってないのでこの方法で・・・
(Sonyreader+Evernoteというのも研究の余地あり)

どうするか?

ブクペに抜き書き

青空キンドルにコピーしてPDF

Sonyreaderに送る

以上!!


もちろん いろいろな理由からブクペに
書けない部分を追記をしますが(笑)

これで、抜き書き箇所を読み返しして
記憶への定着ができます。

一応 Sonyreaderにもメモ+手書きメモ
という機能がありますので
マインドマップなどのマップ系を書きたい人
抜き書きを読んでいて気がついたことを
ちょっとメモしておきたいという時には使えます。

ただし、一度PDFを閉じて
メモアプりを立ち上げないといけないので
ちょっとめんどくさい+気がついたことが逃げてしまう
ということがあるので この辺りはちょっと考えものでしょうか

白黒なので
色分けできません。

まあ それでもやらないよりはやったほうが
いいと思います。

読書は一冊のノートにまとめなさいに
「必要なのは取り入れる技術」 という言葉があります。


せっかく、読んだ1冊を
なんとかして自分の中に取り入れるようにしてみましょう!

スポンサーサイト
[ 2012/12/13 13:02 ] ノート術 | TB(0) | CM(0)

この時期に読みかえしたい~情報は1冊のノートにまとめなさい~


シリーズ的には
3冊でていますが
やっぱり1冊目。

手帳の時期になると
読み返すこの本

★継続するコツは自分の手を加えることです。

来年用に買った
ほぼ日手帳にどんなことをして
「自分用」にしていこうか と
考えるときのヒントになります。

また
ちょうど、仕事用のノートの代替わりを
考えていたので
「最小の労力で代替わり」の章を読みながら
なるほどなるほど・・・。
と思いながら読んでいました。

仕事用ノートにしても
もうちょっとうまく取れないか
と考えているので
ついでに参考になるものを探して読むようにしよう。

「行動記録」⇒事実の記録
「日記」⇒心が動いたこと


行動記録は、FBなんかでもいいけど
日記はやっぱり手帳かノートに
と思いますね(笑)

1冊の手帳で管理できてないですが
本書を参考に今年の振りかえりと
来年の改良点を考えたいです。

って
何回読み返してるんだろう(笑)

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)
奥野 宣之
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
売り上げランキング: 5634


[ 2012/10/31 10:50 ] ノート術 | TB(0) | CM(0)

仕事用ノートの取り方


図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術

サンクチュアリパプリッシング
売り上げランキング: 589


最近 あたらしい仕事を覚える必要があったので
「仕事用ノート」をいうのを作成しました。

以下 そこで考えたことをまとめてみました

■日付+時間+名前を書く

教えてくれる人が複数いる場合は
名前を書いていると便利。

この人は教え方がうまい
この人は業務に関係ないけど、役に立ちそうなことを教えてくれる
やり方が違うけど、こっちのほうがよさそうだ・・・
など

いろいろと思うところがあると思うので
人間観察もかねて、名前を書いておくといい。

基本的に、
「同じことを2度聞くとだいたい不機嫌で教えてくれる」人が多いので
「こんな感じでノートに書いたんですけど
 抜けているみたいなのでもう一度お願いします」というふうにして
「聞いているけど、確認してほしい」というのアピールするといい。

■メモをまとめてノートに
僕の場合は
事務職っぽく、机に座りっぱなしなので
ノートにしたけれど
立ち仕事や外出が多いなら
メモ帳でもいいです。

ただし
メモ帳は切り取って、別のノートに貼っておきましょう。
時系列に

こうしておくと
「あいつはメモをよく取るが、メモした場所をよく忘れてる」
という結局マイナスな評価を少なくすることができます(笑)

■ノートは余白多めに

これは、余白に書き足すためです。
その日にはわからなかったことも
ちょっと慣れてくるとわかることが出てきます。

たとえば
何かの処理を記録したとしましょう

しばらくは、その処理の操作を必死に覚えますが
そのあとは、「なぜこの処理が必要なのか?」
ということを考えると思います。

その時には
処理を書いたノートのところに
その操作の意味を書いておきます。

そうすると操作の意味が分かってくるので
処理操作の「し忘れ」が減ると思います。

「ストーリー」で処理の流れをつかんで
忘れないようにするからですね。

■失敗・間違いこそノートに書く

最初のうちは失敗も間違いもすると思います。

教えてもらっていると
「あ 間違っちゃった」ですが
教えている人からすると
「こいつ まだこんなこともできないのか!」
かもしれません。

ここは、もう一度教えてもらうチャンスなので
ノートを見ながら
「なぜ間違えたのか」を書きましょう

「操作ミス」なら「操作ミス注意!!」
「ノートに抜けてる」なら「追記」をしましょう。

ノートは
自分用の「業務マニュアル」です。

どんどん書き込んで
バージョンアップしていきましょう!!
[ 2012/10/22 12:16 ] ノート術 | TB(0) | CM(0)

スマートノートについて


タイトル通り
岡田 斗司夫大先生の
「ノート術」の本。

いつまでもデブと思うなよ
が、十分ノートの本だと思っていたのだが
普通は、「ダイエット本」らしい


え? 知ってた??

あなたを天才にするスマートノート
岡田 斗司夫
文藝春秋
売り上げランキング: 3399


正直
この本をどう評価したものか
いまだに考えています。


何を迷っているのか等々を
つらつらを書いていきます。


[ 2012/03/28 15:54 ] ノート術 | TB(0) | CM(2)

ノートに書いて書いて書きまくる。


ノートは良いツールです。
その良さは、「書き出す」という行為と「読み返す」という行為の
二つのレイヤーから成り立っています。


http://rashita.net/blog/?p=7632 から引用

ノートは、良いツールです。

しかし
これは通じるのは
ノートをとったことのある人だけです。

そして
ノートに助けられたことがある人だけ
だと思います。

手帳と同じで
「書くことがない」という悩みを
持つ人が多いと思います。

じゃあ
「書くことがないって書いてみたら?」
というと
「ぇ?」という顔されます(笑)


書くことがないという悩みなら
それをノートに書いて考えればいいわけです。



[ 2012/03/20 22:53 ] ノート術 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。