僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > アーカイブ - 2008年10月

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書進化論  勝間 和代著




読書進化論
勝間 和代著

■■読んだ本の成果は、仕事や生活で活用しなければならない■■
本書より引用

勝間さんの本は、結構読んでます。
今回は、読書進化論について書いていきます

余談ですが
専門学校のときの担任の先生が
勝間先生だったんです。
もちろん同姓の別人です。

さて、
読書進化論についてですが
読書、進化、論です。

読書をして自分を進化させるための本
と言いかえてもいいと思います。

目的意識を持って読書をする
そして、
その内容を考え方や行動に取り入れて
自分の人生にいい影響を与える。
こうして
読書を自分の進化のために活用していく
こうして、読書を活用して進化していく。

読書を何かに活用したい人向けの本ですね

書くのは簡単なんですが
これがなかなか難しいんですよね。
活用できた人の声をmixiのコミュから
抜粋して掲載しています
この辺は、本とWEBの活用と
いう点で新しいものだと思います。

これはかなり励みになりますね

実際に活用している人の声がのっているので
その人がどのような<<気づき>>を得られたのかが
わかっていいですね。

読書のやり方については
別の本を読んだり(READINGHACKなど)、著者の
「10倍シリーズ」と読むほうがいいと思います。

読書のやりかた進化論ではありません。
読書を活用して進化しよう論です。

第3章の書く人も進化するも
勉強になりました
ありがとうございます。

最後に
★★読書は決して受身のものではなく、人生に目標と
指針を与え、私たちを日々進化させてくれる方法です★★

という言葉を引用します

最後まで、読んでいただいてありがとうございます

満足度★★★
スポンサーサイト
[ 2008/10/26 16:53 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

マンダラ手帳術―9マス思考で夢をかなえる




マンダラ手帳術―9マス思考で夢をかなえる
松村 寧雄著

<<人生はバランス>>
本書より引用

前にも書きましたが、
現在 私は、ほぼ日手帳を使っています。

理由は、書ける欄が多いから
いろいろ書けるので重宝しています。

しかし、他にもいい手帳ががないかと
常に探しています。
皆さんそうだと思いますので、この季節になると
手帳特集の雑誌が多くなるんでしょうね。

このマンダラ手帳は、考具で紹介されていたマンダラチャート
を利用した手帳です。
正直、この本を読むまでは知りませんでした・・・・。
しかし、毎年結構売れている手帳のようですね。

冒頭で、本書の引用で<<人生はバランス>>と書きましたが
みなさんはバランス取れてますか?

私は、とれてませんね(笑)
仕事にかなり時間を割いていて、その他のことに
時間ができていないのが実情です。

自分の体の事、親のこと、友達の事、スキルアップ等々
いろいろやりたいこと、やらなければならないことが
あると思います。

忙しいからという理由だけで、したいこと、やりたいことを
しなくていいのか?? ということになりますね。

このマンダラチャートですが
よくできています。
バランスをとるには、いい構成になっています。

なるほど と思う場所がかなりありました。
特に<<空の理論>>については、
はじめてみたのでかなり面白かったです

また、手帳術だけでなく仏教からみた人生設計・目標達成術
のこともかかれています。
内容盛りだくさんでした。

最後に
<<過去は変わる。未来は変わらない>>
という言葉を本書より引用して終わりたいと思います

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。
[ 2008/10/24 15:41 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

READING HACKS 原尻 淳一 著




READING HACKS!
読書ハック! 超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣
原尻 淳一

自分向けに言葉や法則をアレンジして、自分の教訓にする。
(本書より引用)

成功本やビジネス書を読む
読書に関しては、この本でほとんど事足りてしまう。

本を読む動機付けから、本を読む技術までかかれていて
大変盛りだくさんな内容となっています。

かなりありがたいです。

本書のはじめにある、図解を参考に自分のポジションを
確認してその部分から読みはじめるのが
無駄なく読めると思います。

そういう私は、頭から読みました(笑)

私が、一番これは!! と思ったのが
読書キットでした。

常に本を読めるように、キットを作って持っていくわけですね。

メモ帳と付箋紙を入れたものは持ち歩いていますが
そっか 本も入れてしまえばいいのだな!!
と感心してしまいました。

早速、未読の東野圭吾 【秘密】を持ち歩くことにしました。
もちろん息抜き用読書のためにです。

朝は、自己啓発系の本を通勤中に一冊読むのでそれも入っています。

ちょっと便利だと思いましたので
今後、読書キットを愛用したいと思います。

<<アウトプット型の読書を基本スタンスとする>>
と本書にあるように、読んだ本の内容を
アウトプットすることは大切です。

しかし、これがなかなか難しいんですよね・・・・。

そこにも著者の考えがあり
<<行動があってそれを高めていくために、読書を手段としてフル活用する>>
ということです。

アウトプットするために、読書をする。
なぜアウトプットしなければならないのか
それは、本書を読んでいただく事にしましょう。

読書術の本はいろいろありますが、
はじめに読む一冊であると思います。

満足度★★★★

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。
[ 2008/10/20 13:23 ] 書評 | TB(0) | CM(2)

億万長者養成講座




億万長者養成講座
ローラル・ラングマイヤー著

お金は、感情ではなく頭で使う
(本書より引用)

うーん・・・。
とおもわずうなってしまいました。

金持ち父さん系の本です。

著者のウエルネスプランにしたがって
行動すれば、財務状況が好転するということです。

かなり具体的な方法に書いてあるので
ちょっとびっくりしました。
うなってしまいったのはそのためです(笑)

本書にある
脳に行動から学ばせるという言葉も
なかなか面白かったです。

ウエルネスプランについては
ふむふむ 程度だったんですけど
最後の方に書いてある自分の経済状況を
把握しよう的なところは
なかなか秀逸です。

努力を惜しまない事
計画する事
何がほしいのかを知っていること

本書の言葉ですが、お金に関する事だけでなく
人生にもいえることですね。

お金に関する事を通して
自分を高めていく といった感じの
本になるでしょうか

バフェットさんの本を買おうと思って
本屋をうろうろしてるときに見つけました

これはツイてました。

具体的な なにか に投資する前に
読んでおけてよかったです。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます

満足度★★★★
[ 2008/10/16 13:39 ] お金 | TB(0) | CM(0)

ぴよちゃんとひまわり




ぴよちゃんとひまわり
いりやまさとし著

最近、絵本読みました?

絵本なんて・・・。と思っているあなた
是非読んでみてください。

ひよちゃんは
ひまわりの種を見つけます。

ひまわりの種を食べようとすると
ひまわりの種が
じょうずないい訳をしていきます

そして、結局ぴよちゃんは
ひまわりを食べることなく
ひまわりは大きくなります。

そして、ぴよちゃんと仲良しのひまわりは
夏の間楽しく遊びます

しかし、夏が終わりに近づいて・・・・。

いいお話です
大人が読んでもきっと楽しめると思います。

この本を読んで思ったのは、
ひまわりちゃんのささやきは
何かを習慣にしたり、目標にしたり
するときに役立つのではないかということです

ぴよちゃん食べられまいと考える
ひまわりちゃんの言い訳は
なるほど うまいことをいってると
思ってしまいます。

純粋に絵本としても楽しいですよ

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

満足度 ★★★★
[ 2008/10/14 15:44 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

働かないってワクワクしない?




働かないって、ワクワクしない? アーニー・J. ゼリンスキー著

成功は、ほしいものを手に入れること
幸福は、持っているものを賞賛すること
(本書より引用)

今週というか先週というか
ほぼ一日1冊読みました。

しかし、このBLOGの更新は
木曜日と日曜日にしようと思っているので
何について書こうかと考えていました。

昨日、本書を読んで 
ああ これを書かなきゃ って思いましたね(笑)

働かないって、ワクワクしないって題名ですが
働くな といっているわけではありませんよ。

働いてない自由時間を増やせ といっています。
このへんは、デッドライン仕事術と同じような主張です

賢く働け!! とそして自由時間を賢く使えといってます。

その自由時間を、賢く使うためのいろいろな方法が
書かれています。

最終的には、経済的自立をして
働かなくてよい生活が理想ですよね。

しかし、急に大金を手に入れて働く必要がなくなったり
会社が倒産したりして、働く必要がなくなったときに
あなたはどうしますか?

なにをしていいかわかりませんよね?
用意してますか?

本書は、このような問いかけの答えをくれます。

自由時間を増やしましょう
そして、その時間を賢く使いましょう
自由時間を増やすために、賢く働きましょう
一日一日を幸せに暮らしましょう

自由時間というものを
通して、自分自身を
そして幸せを考えようと本書はいっています。

自由時間の、賢い使い方は本書で
賢く働く方法は、デッドライン仕事術で

時間の使い方も自己責任です。

きっとあなたも 働かないほうが
ワクワクする人になれますよ

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

[ 2008/10/12 09:56 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

ほぼ日手帳 届きました


20081008091538.jpg

昨日 ほぼ日手帳 2009年度版が届きました
ほぼ日手帳については
こちら
をご覧下さい。

2007年から使ってますので、来年で3年目になります。

ほぼ日にした理由は、書ける欄が大きいからです。
これにつきます。
かけるスペースと手帳の大きさは比例すると思っていましたが
ほぼ日は、1日1ページでほとんど空白なので
大きさの割にかけるスペースが多いのが
いいです。

賛否両論ありますが、ページ下のお言葉も好きです。

こんな遊びもあっていいんじゃないかな と思います。

手帳の使い方は、スケジュール管理もありますが
ほぼ何でもノートになってます。

天気を書いたり、使ったお金を書いたり
いってみたい場所をかいたり・・・・。

しかし、書きすぎてスペースがなくなることも
ありますので、
今は
モレスキンのノートに 考えた事や、本の内容
ロディアにタスク を書くようにしています。

手帳をつけることで、変わったことは
あいまいな記憶が少なくなった事ですね。

腕立てしたのは、いつだったかとか
ジョギングはいつしたとか いうのが
よくわかります。

自分の考えてていたことが
わかるようになることもいいですね。

この時期こんなことを考えていたとか
この件は、こう考えてこういう結果になったのか
というのが 読み返してわかるようになりました。

手帳は、HDDと一緒で記憶をお願いする事で
脳みそを記憶装置にしないようにするもの
だと考えています。

すこしづつですが、自分の頭で考えることが
できるようになってきてるのかな
と思います。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます
[ 2008/10/09 13:30 ] 手帳 | TB(0) | CM(0)

毎朝1分で人生は変わる 三宅 浩之著




毎朝1分で人生は変わる 三宅 浩之著

1回1回は小さな事でも、その時にすぐやる人生と
まったくやらない人生とでは 何十年か後には大きな違いになる
(本書より引用)

成功本を読んで
なかなかいいこというなー と感心して
本を本棚に飾っておくと

ガーネシャに
2億パーセント 自分成功できへんで と間違いなく言われる。

著者も、夢をかなえるゾウを読んだ
私も読んだ。

コンビニのお釣りを寄付する という課題を
著者もやった。私もやった。

おつりが、300円あったとしよう。
著者も私も300円寄付をして
うわー 毎日300円とかきついなあ と思った。

どうしようかと悩んで
著者は、自分に出来る範囲内で考えて行動した。
50円以下は寄付をしようと。
私も、考えて行動した。
お金がたまったら、寄付をしようと
今は、お釣りを寄付できるほど余裕がないから

どちらが成功する考え方であり、行動であり
成功本から学んでいる態度でしょうか?

著者には、感謝します
新しい気づきがここにあります。

成功本は、読むだけでなく
読んで考えて行動してはじめて意味があります
しかし
行動した後 また考えて できなければ
できない理由を探すのではなく
今の自分でできることをしなければ
いけません。

私は、できない理由を探していたようですね。

次にやること
●なぜできないのかを考える
●その後、どうすればできるのかを
 考えて実行する。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。
[ 2008/10/07 12:53 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

一瞬で自分を変える法




一瞬で自分を変える法
アンソニー ロビンズ著
石田健 訳

一つのきっかけから一つの結果が生まれる。
その結果をひとつまた一つと積み重ねていけば
人生は、一つの方向へと進みはじめる。

本書より引用。

一瞬で自分が変わるかどうかは別として
NPLの超入門書であると思う。

NPLとは神経言語プログラミング(neuro-linguistic programming)
の略です。
神経言語プログラミング とは ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーの二人によって提唱されたもので、催眠療法のミルトン・エリクソン、ゲシュタルト療法のフレデリック・パールズ、家族療法のバージニア・サティアの、3人の心理療法家が意識的・無意識的に用いていたテクニックを体系化したものだとされる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

なんのこっちゃですが(笑)

簡単にいえば、NPLを使えば 他人と友好的な関係を作れたり
自分の性格や習慣を自分の考える望ましい形にすることができる
といいうものです。

特に、相手とのコミュニュケーショに
威力を発揮するものがおおいようです。

本書でも
人生の質=コミュニュケーションの質 といっております。

もちろん、タイトルにあるように自分をかえる方法についても書いていますが
やはり、つかえるなと思うのは
コミュニュケーションのところだと思います。

NPLに関しては、本書だけでは
力不足なので 別の本を読むといいでしょう。

といいつつ 私も探しているところです・・・・。



心の動きが手にとるようにわかるNLP理論は、読みました。

この2冊でNPLに関する基礎的な部分は
理解できると思います

コミュニュケーションを
ちょっと考えようと思っている人は
読んでいただいくと参考になる部分が
あると思いますよ。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。
[ 2008/10/03 16:14 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。