僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > アーカイブ - 2012年05月

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたは「仕事中心」になってはないだろうか


7つの習慣―成功には原則があった!

みんなが「役に立った」と絶賛する
7つの習慣

この巻末に
「様々な中心から発生するものの見方・捉え方」
というのがあります。

「仕事中心」だと
所有物の対する考え方が
★仕事の能率を高める道具
★仕事の成果をしめすもの

となります。

あなたが
「iPhoneで仕事を効率化する7つの方法」とか
「手帳で人生を変えるたった1つの習慣」とか
「Macに入れたい時間を効率につかうためのアプリ30選」
というのような記事ばかり
読んでいたり
ブログに書いたりしているのなら
あなたは、まちがいなく「仕事中心」になっています。

スマホも
手帳も
ノートのすべて「道具」である「所有物です」

ライフ○ッカーとよばれる人の中にも
「仕事中心」というパラダイムに
陥っている人がたくさんいるのではないでしょうか?

7つの習慣では
「原則中心」ということを言っています

★原則中心・・・周りのすべとの事柄がバランスよく見える

なにごとも
バランスが大事である。

あなたの読むのものや
考えることに「偏り」がないだろうか?

あなたが嫌いな人や
嫌いな本から
学ぶこともあると思います。

今まで嫌がっていたものを
読むことも必要なのです。

人間関係も一緒です。

嫌いな人から学ぶこともありはずです。

自分の中にある
「パラダイム」を見直して
みるのもいいと思いますよ。

スポンサーサイト
[ 2012/05/27 12:35 ] 成功 | TB(1) | CM(0)

努力と報酬は別物


昨日の記事というか
続考える技術・書く技術を読んで
そして
人生を変える80対20の法則を再読しながら考えました。

時間管理自体を関心ごとにしてはいけない。

時間は直線的に過ぎていくのではなく
巡りて戻るものなのです

★時間は必ず戻ってくるから
失敗から学び、大切な絆を強め、製品を改良し
生活を豊かにするチャンスは何度でも訪れる。



新版 人生を変える80対20の法則
リチャード・コッチ
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 12427


本書をもとに
時間管理ではなく
「時間革命」について考えてみましょうか

[ 2012/05/20 22:46 ] 成功 | TB(1) | CM(0)

時間の節約に「パレトの法則」はいかが


1、毎朝起きると一日のうちにやりたいことをカードに列記する
2、重要度にしたがってABCのランクづけをする
  もちろんAが、何が何でもならねばならぬ20%だ
3、Aだけは、絶対にその日のうちに実行する。

それができたら、「ああ、これで今日のノルマの80%を遂行」と満足するのである


続 考える技術・書く技術 (講談社現代新書 485)より

著者がいうには
「大事なことは先にやれ」
ということです。

本書では
「パレトの法則」となってますが
最近の本では「パレートの法則」となっています。

時間管理というか
時間を上手に使うには
「大事なことを先にやる」
「めんどくさいことを先にやる」
(あとからだと余計にめんどくさくなる)
「気がついたときにやる」もしくは「気がついたことをメモしておく」
ということが大事です。

「当たり前」と思うでしょうが
じゃあ
その「当たり前」だと思うことができているのか
どうかを考えてみましょう。

時間管理とは
使った時間をマニアックに記録することや
予定を時間割にしたがって入れることではなく
「大事なことを早くやる」
ということだと思います。

大事なことを
やったかどうかを
振り返るために、時間を記録するのであって
時間を記録することが
目標になってはいけません。

時間は、足りないと感じるものです。

だからこそ
時間管理の基本を身につけて
小手先の「時間術」に
時間をとられないようにしましょうか。


[ 2012/05/19 22:31 ] 成功 | TB(1) | CM(0)

ほんだなのぼうけん ~「処方せん」的読書術の感想~


「処方せん」的読書術  心を強くする読み方、選び方、使い方 (oneテーマ21)
奥野 宣之
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 9480



「読書術」というタイトルでは
ありますが
僕にはどうも
「ほんだな」というものについて
考える本ではないか と思えてしまいます。

★心を整えるためには、読みかただけでなく保管の仕方
つまり、「蔵書」も意識的に、工夫をもってやるべきです。


みなさんは
本棚に本をどのようにならべているだろうか?

僕は
サイズでまとめている。

収納しやすいからである。

しかし
著者は「本棚の区画」について
考えたほうがいいといっています。

★僕は、「自分をゴキゲンに保つ」ということを
重視して本棚を作っています


座右の書コーナー
メンヘル文庫 など 作っているそうです。

つまり、テーマ別。

この区画には、「何がある」という
記憶の仕方である。

★本棚に入っているのはは、過去の自分が求めた本

書店の本棚めぐりでもいろいろ発見がありますが
自分の本棚でも「発見」や「ハッと」することがあると思います。

★本棚をはじめ、本の並び、本の積み方は、自然に意味を持ってきます

自分が、無意識に並べたり
ふと手にとってしまった本や
自分の本棚で、「やたらと目につく本」には
なにか意味があるのかもしれません。

書店の本棚で「冒険」するのもいいですが
自分の本棚で「小宇宙(コスモ)」を
のぞいてみてはいかがでしょうか

君の小宇宙(コスモ)は燃えているか?


[ 2012/05/13 22:24 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

【詳細】崖っぷち「自己啓発修行」突撃記 ビジネス書、ぜんぶ私が試します


【スマイルシグナル的要約】

★私見では、自己啓発ブームに対する否定的な論調は
もう現実的ではないと感じます

★この本は、巷でよく見かけるような、高みに立って単に本の
批評をするだけのガイドブックではない

★本を読んでスキルを学んだら、実際にその学習法を
実践的に体験し、そのプロセスまでをも読者に赤裸々に見せていく


ビジネス書大バカ事典
ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない (マイナビ新書)
と本書が違うのはこの点です。

2冊とも「外からみたビジネス書(業界、マニア)の気持ちわるさ」
について書かれていますが
本書は、「実践したらこうなった」
という体験記です。

本を読んで役に立つのか?
本を読んで生かすとはどういうことか?
ということを体験するには
もってこいだと思います。

内容はいいんだけど
タイトルがなぁ・・・・


崖っぷち「自己啓発修行」突撃記 - ビジネス書、ぜんぶ私が試します! (中公新書ラクレ)

[ 2012/05/12 14:56 ] 成功 | TB(1) | CM(0)

【速報】崖っぷち「自己啓発修行」突撃記 が面白い!!


これは面白い!!

ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない (マイナビ新書)
漆原 直行
マイナビ
売り上げランキング: 14824


と一緒に読んでもらいたい。

そんな時間がない人は
こちらだけでもいいので読んでほしい

崖っぷち「自己啓発修行」突撃記 - ビジネス書、ぜんぶ私が試します! (中公新書ラクレ)

Amazonに書影なしとか
やる気なさすぎ(笑)

クリックしたらこうなったのようなノリで
自己啓発セミナー等に
潜入取材かと思ったら
ビジネス書を著者が体を貼って試す
というものでした。

SPA!っぽい
そして
僕が好きな企画です(笑)

編集部からの指令

本を読む+実践する

感想や成果を編集部に送る


★ビジネス書を実用的にガイドする本の著者が
1本の企画すら決められないのでは書籍として
説得力がゼロです


鬼編集者だ!(笑)

ビジネス書って役に立つの?
本を読んでどうやって役に立てるの?
と思っているあなたにオススメします。

詳細は、また書きますね



[ 2012/05/11 17:53 ] 成功 | TB(0) | CM(0)

五月病に効く、小林秀雄の名言


心がけ次第で明日からでも実行が出来、
実行した以上必ず実益がある、
そういう言葉を、本当の助言というのである。


ことどこく実行とは、平凡なものだ。
平凡こそ実行の持つ最大の性格なのだ。
だからこそ名助言はすべて平凡に見えるのだ。


諸君がどれほど沢山な自ら実行したことのない助言をすでに
知っているかを反省し給え。
聞くだけ読むだけで実行しないから、諸君はすでに平凡な助言には
飽き飽きしているのではないか
だからこそ何か新しい気の利いたやつが聞きたくてたまらないのじゃないか


骨折り損のくたぶれ儲けということがある。
これは骨さえ折れば、悪くしたってくたぶれくらいは儲かる
という意味である。
現実的な骨折りをすれば、くたぶれだって現実的な内容をもっている。
その内容はいつも教訓にあふれている。


感心することを怠りなく学ぶこと。
感心するにも大変複雑な才能を要する


なんでも学んで得るべしという主義である
自惚れだって手をつかねて生ずるものではない
自惚れだって学んで得るのだ
絶望するにも才能を要し、その才能も学んで得なくはならぬ
とさえ考えている。


諸君はまたこういうことを考えてみないか
混乱していない現代というものが
かつてあっただろうか
また将来もあるであろうか、と


誤解されない人間など、薬にも毒にもならない。


天才とは努力し得る才だ


模倣は独創の母である。
唯一本当の母親である。


人生とは極めて真面目な芝居であり
出来るだけ上手に芝居しようとする努力が
人生そのものだといえよう


成功は、遂行された計画ではない
何かが熟して実を結ぶことだ


問題を出すということが一番大事なことだ
うまく出す
問題をうまく出せばすなわちそれが答えだ


他人は当てにはできない、
自分だけが頼りだと知った時、
人は本当に努力をし始める。
どうあっても切り抜けねばならぬ苦境にあって
己の持って生まれた気質の能力が、実地に試されるとき
人間は、はじめて己を知る道を開くであろう。



人生の鍛錬―小林秀雄の言葉 (新潮新書)
[ 2012/05/09 21:36 ] 成功 | TB(0) | CM(0)

ちいさな失敗から学ぼう!!


出版社さんより
献本いただきました!!

ありがとうございます!!

★大きな成功の可能性を発見し、
実現に導くためには、創造的な方法で
「小さな賭け」をくり返すことがきわめて有効だという
考えを紹介するのが本書の目的だ。


「小さな賭け」方式で
実際に試しながら、問題を解決していこう
と本書では書かれています。

★この世界で唯一確実なのは、不確実さだ

不確実な段階で
大きな賭けをせずに
ちいさな賭けをして
結果を分析する。

ビジネスだけではなく
何かを学ぶときにも役に立つ方法が
本書には、書かれていますよ


小さく賭けろ!―世界を変えた人と組織の成功の秘密
ピーター・シムズ
日経BP社
売り上げランキング: 894



[ 2012/05/08 21:07 ] 成功 | TB(0) | CM(0)

検索順位が落ちたとあるブロガーの告白


有名なのか
そうでもないのか
よくわからないこのブログですが
前回同様
Google先生のアップデートによって
見事に
検索結果の順位が落とされました(笑)

というわけで
今回もアクセス激減

だいたい10分の1です

かろうじて、二桁という日々が
いったい何日あるか・・・

書評ブログとか
本の感想ブログって
どのくらいみんなアクセスがあるんだろう・・・。

「本の感想は、メインコンテンツじゃない」
ということも
むかし言われたような気がするなあ

人気記事ランキングという
ブログパーツの数字が
かなりさみしいものになっております

こう書くと、大体が
「独自ドメインがいい」
「FREEのブログサービスだからだ」
「だいたい記事が役に立たない」
「そもそも。ブログがおもしろくない」
「Amazonリンクはりすぎ」
「検索結果以外にも、ブログにくるようにする」
などという
ありがたいお言葉をいただくわけです。

しかし
2回目ともなると
「まあしかたがないか」
と思えるようになります。

今までの
アクセスが異常で
実力通りのアクセスに戻った
ということで。

地道に
ブログの記事を更新していくことにします(笑)


[ 2012/05/06 13:10 ] 近況 | TB(0) | CM(0)

大切なのは「続ける」こと


変われる人 8000人のキーパーソンと会食してわかったこと

★ゆっくりでもいいから「ダラダラと、休まず継続して」何かに取り組む
ほうが、思いのほか成果が上がることを、もっと認識するとよいでしょう


「グズ」をやめる心理術 (PHP文庫)

★ゆっくりでも、継続しつづければ、最終的にはるか遠くまで進めるのである

勉強を続ける習慣
読書を続ける習慣
日記を書き続ける習慣 など

なにかをし続けていることが
武器になることがあります。

習慣というと
いいことばかりのような気もしますが

ついテレビを見続けてしまう
「明日でいいか」と先送りしてしまう
仕事の前に「ネット」をダラダラみてしまう など
悪いほうの習慣もあります。

どうすれば、続けられる人になるんでしょうか?

上記2冊から考えてみましょう。
[ 2012/05/05 11:50 ] 成功 | TB(0) | CM(0)

グズはもてないだって?? じゃあグズを直したい!!


「グズ」をやめる心理術 (PHP文庫)

目次前の
まえがきで「ああ もうこれは買わないと」
と思ってしまった(笑)

★グズグズと放っておいて、気がついたらすべての問題が
解決されていたということなど絶対に期待できない

★何事もそうだが、面倒なことはさっさと片付けてしまうにかぎる。

そう!
そうなんだよ!!

と思ってもできないのが人間である

目次をみると

Step2 暗示をかける

とあるので、これを使えばなんとかなるかも
と思っています(笑)

一緒に
「グズ」をやめる暗示について
みていきましょうか
[ 2012/05/04 10:54 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

どうして講座に人が来なかったのか?を考えた


先日講座というかセミナーを開催しました

ビジネス書を読んでもデキる人になれないならどうする?
http://kokucheese.com/event/index/31451/

募集15名に対して、参加者7名

うーん・・・
ちょっと残念な結果でした。

そこで、常見陽平さんにオススメされた
本を読んで、反省してみることにしました。

人が集まる !行列ができる !講座、イベントの作り方 (講談社プラスアルファ新書)

★ダメなタイトル⇒③疑問を投げかけるタイトル
受講者は何かがわからないから行くのだから、
これこれがわかるようになる講座です
という方向でタイトルをつけるべきなのです。

ああ
もうごめんなさい(笑)

タイトルからしてダメでした

ということで次回に生かすように反省していきます

[ 2012/05/01 08:52 ] セミナー | TB(0) | CM(0)
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。