一瞬で自分を変える法  僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 一瞬で自分を変える法 ホーム > 書評 > 一瞬で自分を変える法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一瞬で自分を変える法




一瞬で自分を変える法
アンソニー ロビンズ著
石田健 訳

一つのきっかけから一つの結果が生まれる。
その結果をひとつまた一つと積み重ねていけば
人生は、一つの方向へと進みはじめる。

本書より引用。

一瞬で自分が変わるかどうかは別として
NPLの超入門書であると思う。

NPLとは神経言語プログラミング(neuro-linguistic programming)
の略です。
神経言語プログラミング とは ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーの二人によって提唱されたもので、催眠療法のミルトン・エリクソン、ゲシュタルト療法のフレデリック・パールズ、家族療法のバージニア・サティアの、3人の心理療法家が意識的・無意識的に用いていたテクニックを体系化したものだとされる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

なんのこっちゃですが(笑)

簡単にいえば、NPLを使えば 他人と友好的な関係を作れたり
自分の性格や習慣を自分の考える望ましい形にすることができる
といいうものです。

特に、相手とのコミュニュケーショに
威力を発揮するものがおおいようです。

本書でも
人生の質=コミュニュケーションの質 といっております。

もちろん、タイトルにあるように自分をかえる方法についても書いていますが
やはり、つかえるなと思うのは
コミュニュケーションのところだと思います。

NPLに関しては、本書だけでは
力不足なので 別の本を読むといいでしょう。

といいつつ 私も探しているところです・・・・。



心の動きが手にとるようにわかるNLP理論は、読みました。

この2冊でNPLに関する基礎的な部分は
理解できると思います

コミュニュケーションを
ちょっと考えようと思っている人は
読んでいただいくと参考になる部分が
あると思いますよ。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/10/03 16:14 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。