似合わない服は燃やしてしまいなさい 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 似合わない服は燃やしてしまいなさいホーム > 未分類 > 似合わない服は燃やしてしまいなさい

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

似合わない服は燃やしてしまいなさい




正直 まったく知らない世界なので
かなり関心を持って読めました。

読後 ひとり こうつぶやきました。

ここに リアルガネーシャがいる と

もしあなたが女性なら
夢をかなえるゾウよりも こちらを読んだ方がいい
もしあなたが男性なら
安っぽい成功本を読むくらいなら こちらを読んだ方がいい。
もしあなたが管理職なら
部下をどうあつかえばいいのかを書いているこの本を読んだ方がいい
もしあなたが就職活動中なら
書類の第一印象などを書いているこの本を読んだ方がいい


なぜか?

3人の成功体験談が読めるからである。
そして、教わった人 教えた人の
両面からお互いの気持ちが読めるからである。

そして、3人に共通してるのは
素直 である。

自分で考えて、そしてイネスの言葉に従う。
ただ従うだけではない 時には悩み 葛藤し
反発する。

しかし、イネスを信頼し、素直に従う。
盲目的にではなく。

まさにイネスは「人を動かす」だし
    3人は「思考は現実化する」だと思う。

イネスの魔法の言葉もまた 至言である。

<<勝利の先をさらにイメージする>>

僕の翻訳
成功哲学向け=ゴールを明確にして さらにその先イメージを膨らます
就職 転職者向け=会社に入ることがゴールではなく、その会社でいかに働き貢献するか
ダイエットしたい人向け=やせた後に自分はどうなりたいのか?それを明確にしてそれをイメージする。

このように、イネスの魔法の言葉はいろいろなひとに
勇気を与える。

一番の感動した言葉は
<<あなたは”変わる”のではなく”開花”するのよ>>
開花という言葉を使ってるのがすばらしい!! と思います。

僕たちが、他人にできることって気づきやきっかけを与えることなんです。

管理職の皆さんわかりますか?
部下を変えることなんてできません

妻を旦那を変えることなんてできません。
ましてや 子供を変えようなんて恐ろしい。
人を変えることなんてできないんです。

気づきをどうあたえるか?
それをどう与えるか?
どの場面で与えるのか?
厳しくかやさしくか?

その選択くらいしかできないんです。

人が人を変えてやろうなんて、その心構えが
おこがましく、そう考える人のおごりなのです。

僕はそう思います。

読書会でいただいた本です。
また 結構薄い本です。

しかし、内容は学ぶことがかなり多かったです。

しょうもない自己啓発の本やビジネス書を読むくらいなら
彼女たちの体験を、自分の体験や悩みに置き換えながら
考えて読むほうが何倍も身になります。

<<この本を読んで変える行動>>
まったく知らない分野の本も
興味のない分野の本も月1冊は読む

女性ファッション誌からはじめようかな

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

Happy Reading!!

満足度 ★★★★★
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/05/10 15:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。