起きてから寝るまでの魔法の質問 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 起きてから寝るまでの魔法の質問ホーム > 未分類 > 起きてから寝るまでの魔法の質問

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

起きてから寝るまでの魔法の質問


脳が教える! 1つの習慣
講談社
本田 直之(監修)中西 真雄美(翻訳)
発売日:2008-07-05
発送時期:在庫あり。
ランキング:7545
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 小さなことの大切さ
おすすめ度5 「先急ぎをしない生き方」のススメ
おすすめ度5 これは名著です。読むのと読まないでは生き方が変わるかも。
おすすめ度5 名著です。こんなすごい本が日本語で読めるなんて・・・
おすすめ度4 いまから始められる小さな一歩


この本の中で、質問のすごさということが
書かれています。

<<脳をプログラムする最も強力な手段の1つが「小さな質問をする」というテクニック>>

なかなかじょうずな質問を自分自身にするというのは
むずかしいですよね。
あまり、大きな質問をしてはいけません。
小さな質問でないといけないんですよね。

そして、質の高いものでだとその効果が高いんです。

最近 なにか自分自身に質問しました?

「なんでできないんだろ?」とか
「どうしてダメなんだろう」っていうのはよくないですよね。

と、自分でいろいろ考えてたのですが・・・・・。

なんと 魔法の質問 マツダミヒロさんが
新刊を出すということで チェックしてみました。
まだ発売前なんですけど
チェックしたくて amazonキャンペーンに
協力させていただきます。

買っても特典がありますが
なんと本を買わなくても「特典」が
もらえてしまうんです。

「やめる力。」と「起きてから寝るまでの魔法の質問」 マツダミヒロ著
出版感謝プレゼント

「起きてから寝るまでの魔法の質問」は
朝起きてから 夜寝るまで
前向きな質問を自分に
投げかけられるようになっています。

朝の魔法の質問という章で
エレベーターの中で というものがあります。

え?
エレベーターのなかで自分にする質問??

ここまで意識して「自分との対話」は
してなかったですね。

「やめる力。」は
やめることによって、違うものを受け取れるよ
というメッセージにあふれています。

手放すことなしに
手に入れることはできません。

本を読む時間がほしければ
テレビを見る時間やネットのする時間を
減らさないとダメですね。

一日は 24時間ですが
寝る時間やいろいろな時間をひいていくと
使える時間は24時間もありません。

なにかを始めるために
何かをやめてみましょう。

大きな質問をやめて
小さな質問をしよう というのが
上記の脳が教える! 1つの習慣が教えてくれることです。

小さな質問に迷ったときに
マツダミヒロさんの新刊が
役に立つと思います。

出版感謝プレゼント



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/05/27 12:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
本は大好きでたくさん読んできましたが脳が教える! 1つの習慣はまだ読んだことがありませんでした。記事を読みながら読みたくなったので、今から購入して読んでみたいと思います
[ 2013/04/16 05:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。