大阪夜の陣に参加してきました 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 大阪夜の陣に参加してきましたホーム > 未分類 > 大阪夜の陣に参加してきました

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大阪夜の陣に参加してきました


情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)

3000人の指導実績を誇る人気No.1カリスマ講師が教える 資格試験の合格技術


昨日は、紹介の紹介で
大阪夜の陣に参加して来ました。

「奥野さん来るみたいだから、いってみたら?」
「是非行きます」

というのが参加の目的。

はじめての人ばかりで緊張でした(ということにしておいてください)

主催者は
山の手の会UNDERGROUND、築地朝食会の美崎さん
misaki2.net/
楽しい会をありがとうございます。

他にも
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)
で有名な奥野 宣之さん

3000人の指導実績を誇る人気No.1カリスマ講師が教える 資格試験の合格技術
出されたカリスマ講師の多田 健次さん
資格試験研究室
が参加されていました。

集合時間のちょっと前に行ったら
そのまえに奥野さんがいらっしゃってたので
サインをお願いしておきました(ミーハー)

美崎さんには、勉強会や読書会についての意見をいただき
奥野さんには、情報についてにいろいろ教えていただき
多田さんには、出版裏話みたいなお話が聞けて非常に満足しています。

忘れずに、メモをしておきました。

文房具メーカーの人も参加されていたので
文具系の話も非常に楽しかったです。
久しぶりに
文房具について熱い語りを聞いたような気がします。

ノート術とかについても
聞けばよかったなかなと今 反省しました。

タ-DM460-08スタンプのりドットライナースタンプ本体

押すタイプのドットライナーが非常に気になりました。

小ネタは、いろいろありますが自重しておきます。

男の人も板間に寝ると、バイオリズムがわかるというのは
どこかでつかわせていただきます。

<<楽しい場を作る>>
ということについて
いろいろと気づきのある会となりました。

それ以外にも、いろいろと気づきを
いただきましたので
メモを見ながら、考えることが増えました。

参加したみなさま ありがとうございました。
また、楽しい場を、紹介していただいたお二人にも
感謝をしております。

この、ご縁に感謝して。

【何をいかして、行動するか】
どうやって、おもしろく書くかについて考える。
→ 文章を読んでおもしろいとおもったところを
   理由とともに1冊のノートにまとめる

ゆるやかなつながりを保つためにできることを考える
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/06/06 19:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
先日はありがとうございました。
これからもブログ楽しく読ませてもらいますー。
[ 2009/06/07 15:46 ] [ 編集 ]
こちらこそありがとうございました。
新刊楽しみにしています。
読まれている実感がなかったので
ちょっとドキドキです
[ 2009/06/07 19:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。