未来という夢へ 【「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!】 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 未来という夢へ 【「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!】ホーム > 成功 > 未来という夢へ 【「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!】

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

未来という夢へ 【「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!】


今回は、ブライアントレーシーさんの「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!です。
成功哲学のレバメモですね。

「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!
ダイヤモンド社
発売日:2005-07-15
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 より具体的で実践向き!
おすすめ度4 他の方も・・・
おすすめ度4 成功哲学のベスト・アルバムや~!
おすすめ度4 いろんな事を網羅しようとしすぎ?
おすすめ度3 可も無く不可も無く…1200円は微妙

【読む目的】
夢リストをどう活かすか?
→書くだけでは意味がない。それをどう行動にうつすかだ


【感想】

大変お得な本だと思う。

いろいろなことに書いてるので
ちょっと内容の薄い部分もありますが
速読で悩んでいる人には
速読の概念がわかっていいかもしれないですね。

成功哲学に関して
よくまとまってる本だと思います。

レバメモなどを作っていない人は
この本をくり返し読むことで
成功哲学をしっかりと身につけてほしいと思います。

【ポイント】

<<自分で未来を作り出す>>

ドラッカーの言葉にあります
<<未来を予言する最良の方法は、それを作り出すことである>>

この言葉に関して、理解が浅かったのですが
納得しました。

そうですね。 自分で未来を作り出すということです。
しかも、いい未来を作り出すための地図となるのが、
夢や目標を書いたものということになりますね。
作り出すためには、行動をする必要がある。

なるほど!!

理解できたような気がします。

<<覚えておいてほしい。重要なのは、あなたが何を言い、何を願い、望み、あるいは将来何をするつもりかではない。重要なのはいま何をするかだけだ>>

他人は、言葉をみるのではなく、行動をみています。
僕が「本を読んでいます」ということを使えるよりは
このブログを教えるほうが
言葉よりをそのことを伝えられると思います。

言葉で語ることも
重要ですが
背中でかたることも大事だと思います。

<<大事なポイントがある。あなたがぶつかりそうな問題はすべて、すでにどこかで誰かが解決しているということだ。>>

成功本やビジネス書は、辞書ではないかと思います。

自分に役に立ちそうなところだけ
読めばいいんです。

すべて読んで、気持ちだけ高揚させてもあまり
意味がありません。

自分が解決したい問題(調べたいこと)を意識して
それの解決法(答え)を探すように読むのがいいと思います。


そのためには
自分の問題をしっかりと把握する必要があります。

そして、答えを探し出しましょう。

【何をいかすか】

自分の作り出したい未来を意識する


【目次】
成功者と同じようにふるまえ
望むことだけを考えろ
「夢のリスト」をつくれ!
読書で知識を蓄えろ
苦手なスキルを強化せよ
人に好かれると、成功に近づく
人のためになることをせよ
収入の一割を貯蓄せよ
「超意識」を使え!
もっとも重要なことから始めよ
チャンスを引き寄せろ!
正直者になれ
あえて恐れていることをやれ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/07/22 19:31 ] 成功 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。