まずやってみる 【読書は1冊のノートにまとめなさい】 奥野宣之 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > まずやってみる 【読書は1冊のノートにまとめなさい】 奥野宣之ホーム > ノート術 > まずやってみる 【読書は1冊のノートにまとめなさい】 奥野宣之

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

まずやってみる 【読書は1冊のノートにまとめなさい】 奥野宣之


【はじめに】

読書の敵は、なんでしょうか?

読めないことよりも
読んだことを忘れることだと思います。

だって、おとついの夕飯も
覚えてない僕ですからね。

というわけで 読書ノートを
作ってみましょう!!


読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
発売日:2008-12-05
発送時期:在庫あり。
ランキング:7243
おすすめ度:3.5
おすすめ度4 新しい読書術?
おすすめ度4 ウェブ時代における読書ノ−トづくりと活用を!
おすすめ度4 前作が前提
おすすめ度4 さっそくノートを買ってみました
おすすめ度4 能動的に読む


【読む目的】

読書ノートの作り方を知る


【目次】

「ノート」で読書をマネジメント
(情報をノートに一元化する技術。ノートをサポートツールにする方法)
「探書リスト」で主体的・効率的に本を買う
(探書リストの作成&活用法。役立つ本につなげる情報収集術)
「読書ノート」で本と対話する
(著者との対話型「ねぎま式読書ノート」の作成&活用法)
ノートを活用して「アウトプット」
(デジタル検索術。メモや読書ノートを組み合わせるアイデア術)
生活を変化させる「応用読書」
(レファ本、古典活用法、からめ手読書術、ツンドク術、ひきちぎり術)
インストール「グッズ」
(23個の文房具を写真と一緒に紹介)

【ポイント】

★重要なのは、あくまで読んだ本一冊一冊から、きちんと自分なりに何かを学ぶということでしょう
 月に何冊読むとか、一冊を何十分で読むとかは、この目標の前ではどうでもいいことです。

★探書リストにメモをする→書店で確認して買う
 このような段階を踏んでいると、「何のためにこの本を読むのか」ということを自然と意識せざるを得なくなるのですね。リストに書くという行為は、読書の目的を再度考えることにつながります。

★読書ノートは「続けること」に意味がある
 気が向いたときに適当な長さでつける。まずはこういう気持ちを持つことです。

★要は読書を自分にとっての「重要箇所を抽出する作業」にしてしまうのです
 そうすれば、余計な枝葉を払うような感じで、おのずと本を読む目的意識が絞られてきます

★最終的には、読書の効能は、自分だけがわかっていればいいことです
 読書ノートで参照するほか、ときには本を取り出してきて再読する。こういう積み重ねが本で読んだ内容を自分の血肉とすることにつながります。

【感想】

作ったよりも作った方がいいもの として
実感しているものに
読みたい本リストと読んだ本リストと抜き出しメモ です。

何のために作るかというと
忘れないために作ります。

忘れることが、前提でつくります。

読んだ本リストは、自分の本の傾向を知る
ことができるので便利です。

最近、苫米地さんの本とか脳みそ系ばっかりだな
じゃあ まったく関係ないものを読むか・・・
と 読みたい本リストから探して読む という感じです。

人からすすめられた本もメモします。

先日 クーリエ・ジャポンという雑誌をすすめられて
読んだことなかったので、読んでみました。

おお!! おもしろい!! ということで
来月も読んでみます。

こんな感じで、まったく知らない本との出会いにもメモは
活躍します。

せっかく時間をかけた読んだ本を
おもしろかった!! で
終わってしまっては、もったいないです。

ノートに、印象に残った一文だけでもいいのでメモをしましょう。

そして、時間を見つけて再読しましょう。

これは オススメです。

良書1冊をじっくり読む。

僕の場合、「じっくり読む」とは
読む→読み終わる→ノートに書き出す→時間を見つけては、ノートを読む返す
→本自体を読み返す→気づきを書く、行動できているかを確認する

ということだと思います。

時間をかけて読むことではありません。

読む時間よりも
回数を重視します。

時間がたてば、間違いなく忘れます。
それを防ぐために、回数をこなします。

最近では、本を忘れるよりも
ノートを忘れる方が辛かったりします。

「目標を7分野で書いてないな」とか
「もっと人生を楽しめるはずだ」とか
忘れていることがいろいろでてくるので
ノートを読み返すのが
楽しくなってきます。

まずは、一文からはじめてみましょう。

【何をいかすか】

抜き出しだけでなく、読んで感じた事などを
時系列でならべていく


■あとがき■

奥野さんのブログ「奥野宣之の実験室」でも告知していますが
9月5日(土)13:30~17:00から
奥野さんと多田健次さん(資格試験の合格技術の著者)とで
セミナーを開催します

興味がある人はぜひ参加してみてください

僕はもちろん 参加します 懇親会まで(笑)

個人的には
ほろ酔い加減の奥野さんの話が好きなので
懇親会に期待しています

申し込みは下記から
成長思考セミナー「まなびた!」

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/08/11 11:30 ] ノート術 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。