人の裏を行こう 【株式にっぽん 2009-10-2発売号】 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 人の裏を行こう 【株式にっぽん 2009-10-2発売号】ホーム > 雑誌 > 人の裏を行こう 【株式にっぽん 2009-10-2発売号】

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人の裏を行こう 【株式にっぽん 2009-10-2発売号】


【はじめに】

レビュープラスさんから献本いただきました
ありがとうございます。

今回 献本いただいた雑誌は「株式にっぽん」です

タイトルそのままの
株式投資本です。

個別株に特化している雑誌となっています。

61oPDbQ3oWL240_.jpg

【感想】

P76 藍沢弥八の言葉が非常いい言葉です。
次回の投資勉強会で使おうと思います。

元来相場というやつは、高いときに買いたくなり、安いときには売りたく、
なかなかたやすく儲かるものではない。

本当に乗り出してよい相場は、3年に一度、5年一度くらいなもので経済的な転換を
みるまで相場というものは動かないと思わねばならない。


アイザワ証券 創始者の言葉は深いですね。

僕の株式雑誌の使い方は
「定期購読」です

最新号が来たら、去年の分を取り出して読みます。
そして、最新号と比べてみます。
そうすると
去年はやったものが、今どうなっているのかを
知ることができます。

たぶん、去年の雑誌なんて読む人はあまりいませんよね(笑)

そう考えると
これこそ、「人気の裏を行く」ということになるのではないかな
と思っています。

また、P74にある 相場師 徳田昴平は
できるだけ、目や耳を働かせることが相場必勝の主要条件です
といっています。

このような雑誌を読んで
自分の目や耳を働かせましょう。

そのまま、鵜呑みにするということではないので
注意してくださいね。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/10/12 18:45 ] 雑誌 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://smilesignal888.blog44.fc2.com/tb.php/281-a5909c18

株式投資などやられているだろうか。 超低金利国において預金運用のみでは勿体無いとか、是非株式投資もすべきとか、僕はそういうことを言うつもりはない。 その辺りをお薦めする本などは山のように出ているので、是非自己責任でご判断いただければと思う。 ただ、上...
今回は『株式にっぽん 2009-10-15号』(スリーエー出版)です。 今回はいつもと違って参考文献や掲載店、掲載品のリンク集ではありません。 ...
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。