準備を怠らない 【折れそうな心の鍛え方】 日垣 隆 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 準備を怠らない 【折れそうな心の鍛え方】 日垣 隆ホーム > 日垣 隆 > 準備を怠らない 【折れそうな心の鍛え方】 日垣 隆

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

準備を怠らない 【折れそうな心の鍛え方】 日垣 隆


【はじめに】

副題が、落ち込んだとき自分で治す50の方法です。

気分が、落ち込むのは誰でもあるはずです。
そのときに備えて
準備をしているかどうか?
これが、その後に影響するように思います。

あなたの心が、元気なうちに読んでおくといいですよ。


折れそうな心の鍛え方 (幻冬舎新書 ひ 1-3)折れそうな心の鍛え方 (幻冬舎新書 ひ 1-3)

幻冬舎 2009-09
売り上げランキング : 89
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【目次】

第一章 「勝手に自己診断」編
第二章 とりあえず「ガス抜き」編
第三章 「まずは応急処置」編
第四章 「日々、鍛えてみよう」編
第五章 大人たちよ、映画を観てもっと泣こう
――泣ける映画ベスト30選

【ポイント】

★イヤなことを分析してみる

★なんとなく不安だったら、それをすべて書いてみる

★気分は、主体性がないので、何かの影響でたやすく変わる

★人のエネルギーには、限りがあるので、できないことよりもできることに集中する

★女友達は、意識的につくり、相談相手にする


【感想】

人間ですから、気分に浮き沈みがあります。
山があり、谷があります。
なかなか できないことですが
山の時には 谷を意識して
谷の時には、山を思い出したいです。

そのときに、できることは
★過去を振り返るために、出来事を書く ということを日垣さんはしたとのこと

ほぼ日手帳に、書き込んだとのこと!!

あらまあ 偶然 僕も同じことをしています!!


といっても、僕の場合は時系列にやったこと+日記 
のような感じなので、厳密には違うかもしれませんが・・・。

朝起きて、自分のやったことなんかを
気分とともに書いていると
意外と、「ああこれがよくなかったとか」
「月曜日には、気分が沈んでるな」とかいう傾向がわかります。

自分自身を知ることによって
心の動きを知ることによって
備えることができます。

問題は、これは「谷」のときにやってはだめなんだと思います。

日垣さんは、「どん底」でやったところが
すごいとしかいいようがないです。

なるべく、「山」のとき
元気があるうちに、やるように準備をしていきましょう

「山」の時に見えるもの
「谷」のときに見えるものは違います。

「谷」のときにもできるように
「山」のときに、準備しておきましょう。

【何を生かすか】

「気分」は、あいまいなもの。
急激に落ちないように
落ちてもリカバーできるように備えておく

Happy Reading!!

満足度 ★★★★☆

【あとがき】

この本を読んだら
ブッタとシッタカブッタ シーリーズを
読みたくなりました。


ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにあるブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある

メディアファクトリー 2003-05
売り上げランキング : 4846
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ロディア/RHODIA ブロックロディアNo.12/10冊セット+1冊おまけ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/10/13 19:45 ] 日垣 隆 | TB(0) | CM(1)
勉強にしても、仕事にしても、なんにしても、準備は本当に必要ですよね。今ふりかえると、小学校とかの勉強の準備とかは、社会人になって困らないための予行練習だったんだなと感じます。
[ 2013/02/21 19:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。