スイッチを押す前に 【「買いたい」のスイッチを押す方法】 小阪祐司 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > スイッチを押す前に 【「買いたい」のスイッチを押す方法】 小阪祐司ホーム > ビジネス > スイッチを押す前に 【「買いたい」のスイッチを押す方法】 小阪祐司

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スイッチを押す前に 【「買いたい」のスイッチを押す方法】 小阪祐司


【はじめに】

いい本にあたった!!

という感想です。

と 同時に やることが増えた
という気分の両方です(笑)

あなたも
「買う」という行動の深い世界を
みてみませんか?



「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く (角川oneテーマ21)
「買いたい!」のスイッチを押す方法  消費者の心と行動を読み解く (角川oneテーマ21)
おすすめ平均
stars不況でモノが売れないのではなく、買いたいと思わせていないから
stars残念です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【目次】
第1章 脳は不況を知らない
第2章 脳はこうして買い物をする
第3章 モノを買わない脳、「私」を買う脳
第4章 購買行動を創り出すマーケティング
第5章 顧客の感性を育成する
第6章 脳の二つの回路を磨く

【ポイント】
★ビジネスの結果は、これまでもこれからも、常に人の営みの結果である

★脳は、不況を知らない

不況だろうと、好況だろうと買いたいものは買いたい。

★買うは最終行動

最終行動は文字通り最終の行動であって、そこに至るまでにはプロセスがある

★行動を分解する

★自社のお客さんの行動を意識すること


【感想】

自分が消費者のときに
自分がどうしてこれを買ってしまったのか
を分析することは
大事なことです。

店員さんの態度が嫌だったら
「なぜこの態度がいやだったんだろう?」
と考えることは
自分が店員さんと同じ立場になったときに
役に立ちます。

この本は、そこから一歩進んで
購買行動を可視化せよ
といっています。

たとえば AMAZONで本を買うとき

誰かに紹介される

他の人の意見(ブログ)などを読む

Amazonへ

Amazonの星をみる

購入

こんなかんじだろうか?

購入しなかったときというのは
■ブログでの評判がいまいち
■AMAZONキャンペーンの内容が・・・(おっと)
■作者さんのプロフィールが・・・(おっとっと)
等の理由が考えられます。

買うまでの行動を見える化して
どのような行動をとって物を買うか
ということを考える わけですね

しかし、自分で考えても
実際のお客さんは
ちがう行動をとってるかもしれない・・・。

そこで、「観察する」
つまり、自分の考えている通りの行動を
お客さんは取っているのかを
見るということです。

僕に
抜けているのは「行動プロセスの可視化」
ですね

間違いなく!!

どうして僕は これを買ったのか?
と理由とともに
僕自身が買うときにとった行動を
振るかえることで
見えてくるものがきっとあるますね。

【何をいかすか】

買うに至るまでの過程をしっかりと見つめる

Happy Reading!!

満足度 ★★★★★

(スマイルシグナル堂入り)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/12/03 18:09 ] ビジネス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。