「ワルい女」は「ズルい女」ではないのよ 【悪女の仕事術】 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 「ワルい女」は「ズルい女」ではないのよ 【悪女の仕事術】ホーム > ビジネス > 「ワルい女」は「ズルい女」ではないのよ 【悪女の仕事術】

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ワルい女」は「ズルい女」ではないのよ 【悪女の仕事術】


【スマイルシグナル的要約】

TV版の「夢をかなえるゾウ」の
ガネーシャの課題でもあった
「悪女になれ」

悪女=ワルい女であって
悪女=ズルい女、性悪女 ではない。

著者の語る悪女とは
「戦略とスキルを持って賢く人生をコントロールする魅力的な人」
のことです。

悪女の道も一日にしてならず です。

「戦略的悪女道」をこの本で、学んで実践してみましょう


悪女の仕事術
悪女の仕事術
おすすめ平均
starsとくに働く女性にはオススメッ!!
stars職場の不協和音を取り除き、応援される人間になれる本
starsミレニアムの悪女ってかっこいい!!
stars写真と中身のギャップが悪女なのか・・・
stars女性だけでなく男性にも通ずる内容 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【amazon的要約】

努力最小、リターン最大の「悪女テクニック」46。


【目次】

第1章 「いい人」という免罪符を捨てよう
●「キャンディガール」はただの便利屋さん
●「いい人」で損していませんか? 等

第2章 素敵な「悪女」になる5つのステップ
●ワタシが「悪女」に開眼したきっかけ
●いじめられるほうにも原因がある 等

第3章 努力最小、リターン最大の「悪女テクニック」
<目に見えて仕事がはかどる段取り術>
<相手をその気にさせるコミュニケーション術> 等

【ポイント】

★自分が「不幸だ」と感じた出来事のおかげ

★ワタシの一番の願いはどうやら「何気ない日常を丁寧に暮らすこと」これは我ながら意外な結果でした。

★自分が他人からどう見えるかということを考えて、動き方をあらかじめシナリオに盛り込んでおく

★相手との知的心理戦を楽しむ余裕をもつ

★重要なアポイントメントについては、こちらから「事前確認をする」のも大事な時間マネジメント


【感想】

「本能のままに動くんや。わがままになれ。
いちいちブレーキをかけるな。
きらわれることを恐れずにまわりをかきみだしたれ。
それで男の視線はくぎづけや。
ええ女になる第一歩や」


といったガネーシャ。

嫌われることを恐れずに
というのがポイント。

嫌われることは、ある程度仕方がないんです。

この本を読んで、よしやろう!!
と思ったら、最初の壁は 「嫌われること」の恐怖じゃないかなと思います。

自分で考えて、行動すると
必ずというか、間違いなく嫌われます(笑)

というよりも
100人人間がいて、100人ともすべての人に好かれよう
というのは無理な話。

100人いたら
好きになってくれるひと 10人
嫌いになってくれるひと 10人
どちらでもない     80人 みたいな感じでしょう。

しかし、主体的に行動しないと
好きなってくれる人  3人
嫌いになってくれるひと 30人
利用しようと思う人   5人
どちらでもない   62人   となる恐れがあります。

「主体性」=自分で考えて自分の意見を持つ

ということです。

よく考えるというのは、
考えすぎて悩んでなにもできなくなるというのではダメです。

思い描いた結果(ゴール)にたどり着くには
どうしたらいいか?
ということを「考える」ことです。


仮説をつくることも「考える」ことですし
行動したあとの反省をすることも「考える」ことです。

考えることや戦略を持つことというのは
思っている以上に難しいことです。

でも、難しいからといって何もしなければ
いまのままです。

ちょっと ちょっとでいいので
今よりも「考える」ことや
「人に嫌われる」ことを恐れないで
この本の内容を実践していきましょう。

★雨が降れば傘をさせばいい、転んだら起きればいい。

成長はゆっくりですが
「変化」は一瞬でできます。

「悪女」になるという成長を楽しめるように
「変化」できる女性が多くなるといいですね。

そうなると
男も変っていかないといけないですね(笑)

それは、のんびりしてられない!!
ちょい悪目指して、僕もがんばろう。


【追伸】

僕は悪女ときいて
思い出したのは 「ズルい女」 でした



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/31 16:39 ] ビジネス | TB(1) | CM(4)
そうですか、「ズルい女」を思い出しましたか。
確かに言われてみれば典型的な「悪女」にやられちまった男の心情ですね。

思い出した曲の差に、なんだか表現しがたい差を感じてしまうなあ…(笑)
[ 2010/01/31 18:05 ] [ 編集 ]
ええ
なんとなく(笑)

未練たらたらにさせる技術は
まさに「悪女の仕事術」 だと思いました
[ 2010/01/31 19:17 ] [ 編集 ]
ズルイ女が浮かぶとは・・・。ヤング(死語)ですね。
ワタシは中島みゆきでした。
[ 2010/02/03 14:53 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

最初は、「ワルい女」だったと思ったんですが
検索した結果「ズルい女」でした(笑)

ナウなヤングということにしといてください。
[ 2010/02/03 17:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://smilesignal888.blog44.fc2.com/tb.php/344-23df01e6

僕は「悪女」という言葉にはどこか妖艶な響きがあると感じている。 そして、そこには、男という愚かな生き物が抱く恋愛感情をうまく利用し、自分の意のままにコントロールする女性像が作り上げられている。 また、「悪女」という言葉を聞くと、どうしても頭の中で中島...
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。