視点を増やすこと 【目のつけどころ】 山田真哉 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 視点を増やすこと 【目のつけどころ】 山田真哉ホーム > ビジネス > 視点を増やすこと 【目のつけどころ】 山田真哉

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

視点を増やすこと 【目のつけどころ】 山田真哉


【スマイルシグナル的要約】

目(め)の付(つ)け所(どころ)
注目すべきところ。着眼点。「ベテランはさすがに―が違う」
(コトバンク(http://kotobank.jp/)より引用)

注目すべきところというのは
人それぞれちがっていい。

と思うのだが
意外と人と同じということが多い。

人と違うところに
注目するためにはどうしたらいいのか?
と考えると
人と違うところから見ることが
大事になってきます。

どのように見るのか?
はやりの言葉で言えば「切り口」
をどのようにするのか?
ということを知りたい人にオススメの本です


目のつけどころ
目のつけどころ
おすすめ平均
stars誰でもできる「目のつけどころ」
stars自分の本のタイトルのことですか
starsう~ん・・・
starsよいです
stars守破離の守

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【amazon的要約】

目のつけどころには、パターンが存在する!
いますぐ「斬新なアイデア」と「キレのいい発言」があなたのものに。
「分析の6つのモノサシ」「5つの3秒テクニック」「山田式『黒十字アイデア法』」など、
20年間の試行錯誤のなかで培われたテクニックとパターンを初公開。

【目次】
・ 能力、学歴、努力不問、誰でも身につく目のつけどころ
・ 目のつけどころのよしあしは視点の数が左右する
・ 名札の整列はよいアウトプットにつながらない
・ 軸を2つクロスすれば、アイデアが生まれる舞台が整う
・ 「理由」には「感情」を入れないという鉄則
・ 「元気の押し売り」に込められた「たとえの妙」
・ 足し算ネーミングで、名言マシーンになれ
・ 説得力=目のつけどころ×手段×権力
・ 時間稼ぎのための「3つのキラーワード」
・ 数字+増減に分けて吟味する
・ 目のつけどころは、編み出すより、いただく
・ 3つマネれば劇的に変わる

【ポイント+一言】

★教科書をつくる
→僕は、「自分自身のため」に教科書をつくっているか?

★そもそも斬新な発想、人とは違う発想というのは、頭にポンと浮かぶようなものではない。見つけるのである
→「浮かばない」と思うのではなく「どう見るか?」を考える

★距離感が近ければ売れるし、遠ければ売れない

→「距離感」を売れている商品からみてみる。

★何も生まない意見は、罪。

→気をつけます!!

★悪用は当然よくないが、情報格差という概念は意識しておいたほうがいい。
→情報格差はいたるところにある。「知ってること」より「知らないこと」について考える


【感想】

人と違った「切り口」が
できないのは「目のつけどころ」が足りないから
なのかと実感しました。

ヒット商品を分析するというのは
なんとなーくやっていたような気がするけれど
あまり意識してやってはいなかったです。

分析するツールを
持っていなかったから
なんとなーくやった気になっていた
ということなんですね。

人の意見を
参考にする時にも
「この人はこう見えているのか」
ということ考えようと思います。

カリスマ書評ブロガーの
ブログを読むときにも参考にしよう・・・・。

同じ本を読んで
「ふむふむ ここをこう考えるのか」
「こう感じたのか」ということを意識して
書評を読んでみると
ちがったものが見えてくるかもしれないですね

あとは「距離感」ということについても
同じように考えてみよう。

書評系のブログやメルマガは
かなり読んでいると思っていますが
まったく もったいないことをしていますね。

自分なりの分析ツールをもって
読んでいたら
僕のブログはもっとよくなっていたかもしれないですね(笑)

しっかり やろうっと。

読書量の不足による「情報格差」については
しかたがないので、これに関しては
コツコツ努力していくしかないです。

よし がんばろう!!


この本は、サンマークさんから
献本いただきました。

ありがとうございます!!

Happy Reading!!

満足度 ★★★★☆


【この本に関する他のBLOG】

社長の成功日記
http://blog.livedoor.jp/no1syatyou/archives/51357009.html

蔵前トラックII
http://kuramae-japan.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-234a.html

活かす読書
http://ikadoku.blog76.fc2.com/blog-entry-782.html

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/02/24 16:48 ] ビジネス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。