画面の向こうにも人がいる 【ツイッターノミクス】 タラ・ハント 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 画面の向こうにも人がいる 【ツイッターノミクス】 タラ・ハントホーム > 書評 > 画面の向こうにも人がいる 【ツイッターノミクス】 タラ・ハント

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

画面の向こうにも人がいる 【ツイッターノミクス】 タラ・ハント


【スマイルシグナル的要約】

ツールは、あくまでツールであって
それをどう使うか ということを
知らない人が多い。

ツールがいろいろあってよくわからないという人向けの
ツールの長所、短所についても書かれています。

しかし、ツールの使い方よりも
評判経済の中での
マーケティングについての
考えかたは、とても参考になります。

ビジネスにも、また「人脈」と
呼ばれるものを作るときにも
参考になります。

FREEなどを読んで
「評判経済」というものについて
興味をもったなら、読んで損はない1冊です。

ツイッターノミクス TwitterNomics
ツイッターノミクス TwitterNomics村井 章子

おすすめ平均
stars普遍的な価値(ウッフィー)
stars読んでおいても損はない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【amazon的要約】

Web2.0で花開いた数々のツールで、ビジネスのやりかたは革命的に変わった。広告はもういらない。

【作者について】

タラ・ハント

1973年、カナダ生まれ。アルファブロガーにして、ウェブを使ったマーケティングの第一人者。
B to Bあるいは、B(企業) to C(消費者)だったこれまでのマーケティングは、
ウェブ2・0の世界ではC to Cになるとして、Twitter、Flickr、Facebook、wiki、ブログ、Podcastなどを
駆使したマーケティング手法を開発。
カリフォルニア州でウェブをベースとした三つの会社(Riya.com、CitizenAgency LLC、Intuit Inc.)を立ち上げた後、カナダに戻り、現在はモントリオールに在住

【目次】

第1章 ウッフィーって何?
第2章 Twitterはテレビ広告よりも時には効く
第3章 デルは、商品に対する不満も公開した
第4章 ウェブ上で顧客を増やす八つの秘訣
第5章 ただ一人の顧客を想定する
第6章 ウェブ2・0、各種メディアをいかにつかいこなすか
第7章 ウォルマートの失敗に学ぶ
第8章 アップルはなぜ人をわくわくさせるのか
第9章 無秩序をあえて歓迎する
第10章 社会貢献そのものを事業目的にする
第11章 ツイッターノミクスのルール

【ポイント】

★どのみち人間関係というものは、恩を売ったり買ったりの繰り返しである

★大切なのは、「ターゲット顧客」を設定して売り込みの対象にするのではなく、本物の顧客とつながりを持つことだ。

★こまめに地道に継続的な改善を行うことは、顧客の声をよく聞いてることの証となる

★大事なのは、ネガティブなフィードバックから何を学べるのか、考えるようにすることである。

★みんな、知っている人、信頼できる人の言うことしか聞かないということだ。

【感想】

「ウッフィー」という言葉がでてくるけれども
考え方というか、ギフト経済等については特に新しいことはない。

ネットをやっていると
つい忘れがちになってしまうのが
「画面の向こうにも人がいる」ということ。

画面の向こうに人がいると考えれば
twitterで自分の著書の宣伝ばかりしている人や
自分のセミナーのことばかりPOST(投稿)する
ということが
どいうことなのか ということがわかると思うんだけどなあ。

評判経済では
どのようにして、「評判」がたまり
そのためには、どういう考え方が必要で
「ネット」のツールはなにをつかえばいいのか?
ということを教えてくれます。

ロングテールやFREEが、考えかただけだったのに対して
この本では、「じゃあどうするのか?」
ということについてもかかれています。


これを読んどいたほうが
いいよなー
という人はたくさんいるんですが
まあ たぶん読まないでしょう(笑)

これを
どう仕事に生かすか・・・・

ということですよね。

仕事用のBLOGとtwitterアカウントは
取ったけれど
まだまだ、全然できてないですね。

そんなときに
この本に出会えたので
「仕事用」のBLOGやTWITTERに
対する「具体的な」考え方ができました。

あとは、実践していかないとな(笑)

仕事の時には
仕事用でしかつぶやかないとか
いろいろと試しながら
やって生きたいと思います。

第11章 ツイッターノミクスのルールについては
本書のまとめになっているので
できている、できていないの
チェックリストとして使いたいと思います。

他のホンダマーたちの感想

ビジネス書で「知」のトレーニングを!~知磨き倶楽部
http://ameblo.jp/axis-ye/entry-10500597419.html

【営業のコトバ屋】本の抜粋書評使えるコトバをあなたに!
http://ameblo.jp/reeeal/entry-10500367917.html

わたしの本だな My Book Shelf.
http://ameblo.jp/shino-mei/entry-10502600723.html

本魂!~1冊の本から始まる想いの連鎖~
http://ameblo.jp/a-little-capricious/entry-10504332152.html


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/04/10 09:00 ] 書評 | TB(0) | CM(2)
>「仕事用」のBLOGやTWITTERに対する「具体的な」考え方ができました。

すごい!私は、全然そこはこの本から頂く気がなくて(^^ゞ
それは、まだまだ・・自分自身に準備ができていないのだろうな~

たのしくウッフィーをこれからですが、貯めたいと思います。

※スマイルシグナルさんが作ってくださった、挨拶・・・のお陰で、少しずつウッフィーが貯まる実感あり!深く改めて感謝しま~す。
[ 2010/04/10 21:07 ] [ 編集 ]
考え方はできましたが
それがつづくかどうかは
また別問題で(笑)

そこがつらいところですねー
[ 2010/04/11 03:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。