平凡を積み重ねる努力 【理屈はいつも死んでいる】 高原 慶一朗 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 平凡を積み重ねる努力 【理屈はいつも死んでいる】 高原 慶一朗ホーム > ビジネス > 平凡を積み重ねる努力 【理屈はいつも死んでいる】 高原 慶一朗

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

平凡を積み重ねる努力 【理屈はいつも死んでいる】 高原 慶一朗


【スマイルシグナル的要約】

日経新聞の「私の履歴書」を読んでいて
気になった ユニチャーム会長の高原 慶一朗さんの
本を読みました。

「生きた現場ノート」というノートを
700冊以上続けているとのこと。

しかも、それを何度も読み返している
とのことです。

書くだけじゃなく、ちゃんと見直してるんですね。

ノートに関する話は
少ししか出てきませんが
それ以外にも、参考になる話はとても多いです。

理屈はいつも死んでいる
理屈はいつも死んでいる
おすすめ平均
stars著者の語りかけに素直に聞き入ってみるのもいいかも
stars心のリポビタンD
stars女性の時代を得て
stars中小企業の経営者、幹部候補 必読の書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【amazon的要約】

大切なことは、頭をひねっても出てこない。
愚直に、ひたむきに、手足で考える人間になれ!
45年間にわたり、700冊のノートに「現場」を刻み続けてきた叩き上げ創業者が贈る、自分を磨く仕事の流儀。

【著者紹介】

高原 慶一朗
1931年、愛媛県川之江市(現四国中央市)生まれ。1953年、大阪市立大学商学部を卒業後、関西紙業に入社。1961年、大成化工(現ユニ・チャーム)を設立、代表取締役社長に就任。同社を生理用品と紙オムツの分野でトップシェアを持つ優良企業に育て上げる。1985年、東証一部上場。2001年より会長。内閣官房行政減量・効率化有識者会議委員、文部科学省革新技術活性化委員会委員長、日本経済団体連合会起業創造委員会委員長、四国経済連合会副会長など公職多数。2004年秋、産業振興功労により旭日重光章を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【目次】
1章 本質を突く「勘」は現場から
2章 仕事に心を投げ入れる
3章 体ごとぶつかって人を育てる
4章 「理屈を超える力」を育む生き方

【ポイント+一言】

★平凡を積み重ねることによっても、非凡な地点に到達できる---それが、私自身が仕事や人生の現場から体ごともぎとった、一つの大きな収穫です。
⇒平凡を積み重ねるのに飽きてしまわないようにしなきゃ。

★人のいやがること、面倒くさがること、できたらしたくないな、ということをして、はじめて仕事になり、価値が生まれ、商売にもなる。
⇒僕の仕事は、それらを解決しているか? 不満の種をみつけているか?

★今日を生きないと明日はやってこないように、仕事というものの基本は、ひとつひとつ不器用に積み重ねていくことにある、というのが私の考えです
⇒近道を探す努力も大事。でも、目の前のことをしっかるやることも大事

★やりたいこと、やれること、やるべきこと。この三つのバランスを考えながら行動するのは、仕事や人生を充実させるうえでとても大切なことだと思います。
⇒やりたいことばかり、考えているなあ。気をつけよう

★あなたのまわりの人は、あなたの失敗を見ているのではなく、失敗したあと、あなたがどう振舞うかを見ている

⇒失敗したら、どうしよう?ではなく、失敗したあとに、何をするか?

【感想】

■人の話をきくこと

★ユニ・チャームは「人と人の間にある会社」である
と、高原さんは位置づけているそうである。

この考え方の元になったのは
なんと、新入社員の言葉からだそうです。

部下や目下の人からの意見を聞く
ということは、よくいわれますが
しっかりと聞いて、このようにいえる経営者というのは
すくないのではないでしょうか?

そもそも、新入社員には
説教して終わり という会社のほうが多いように思います。

人の話にきちんと耳を傾ける姿勢というものは
しっかりと学びたいと思います。

つい、しゃべってしまうんですよね
これが(笑)

やっぱり、損してますね。きっと。
いつも反省しているだけのような気がしますので
なにかこう、もうちょっと考えなければいけないですね。

当たり前のことですが
「人に興味を持つ」とか
いろいろと考えてみよう。

修行します。しっかりと。

■平凡を積み重ねること

平凡というのは、当たり前にこと。だれでもできること。ということでしょう。

それを、ひたすら積み重ねること。
これをしっかりとやるということです。

すいません。
つい怠けてしまいます。

つまらないですもの。

しかし、この本で著者は言います。

それは、まだまだ甘いと
「苦味のなかの甘味」を感じなさいと。

苦しさの中の楽しさをみつけなさいと言うことです。

「つまんないなー」
といっていては、ダメですね。

何をつまんないと感じるのか
もっと面白い方法はないのか
など、しっかりと考えてみる。

そして、根っこの部分からの
積み重ねを考えてみる。


つまんない という感情をもって
惰性でやらないということでしょう。

うん。
勉強になりました。

いろいろと「つまらない」ことが多くて
迷っていましたから。

Happy Reading!!

【記録】
4月 ブログ記事 6記事  ブログに書いた本  4冊
3月 ブログ記事 17記事 ブログに書いた本 11冊
2月 ブログ記事 14記事 ブログに書いた本 12冊
1月 ブログ記事 17記事 ブログに書いた本 11冊
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/04/12 22:55 ] ビジネス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。