これはもはや「鎌田ショー」である 【京大鎌田教授のセミナーにいってきた】 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > これはもはや「鎌田ショー」である 【京大鎌田教授のセミナーにいってきた】ホーム > セミナー > これはもはや「鎌田ショー」である 【京大鎌田教授のセミナーにいってきた】

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これはもはや「鎌田ショー」である 【京大鎌田教授のセミナーにいってきた】


机の上のに資料を広げ
資料を探しながら
「こういう状態を、エントロピー増大してるっていうんですよねー」

エントロピー (entropy) は、物質や熱の拡散の程度を表すパラメーターである。(wikiより)

無秩序な状態であるほど、エントロピーが大きい。

つまり
最初に整理して持ってきた資料を
講演をするために、机の上に広げている
うちによくわからなくなっていった・・・・。

ということを的確に表現しています。

1人笑ってしまった。

わずか90分!!
というようなセミナーでした。

セミナーというよりも
鎌田浩毅ショーですよ

いやほんとうに。

セミナーのお題は
一生モノ古典
学生人気No1京都大学“名物”教授が語る
というものです。

古典の紹介+最近のアイスランド噴火の解説 でした。

紹介していただいた古典は
1.常識を覆す発想を得る(プラトン『ソクラテスの弁明』とデカルト『方法序説』)
2.人を動かす(孔子『論語』とカーネギー『人を動かす』)
3.科学者の戦略を知る(ガリレイ『星界の報告』とワトソン『二重らせん』)


本の紹介だけでなく
偉人達の紹介、時代背景など
いろいろとからめて説明してただいた
のでわかりやすかったです。

セミナーの内容で印象的だったこと

【古典を読む意味】
①本質をつかむ訓練ができる
②現代を読み解くキーワードが読み取れる
③未来に対するビジョンをもらえる
④過去の偉人の「生き様」を知る
⑤コミュニケーションのネタになる
⑥時代・地域・自分の価値観を越えれる

過去は未来をとく鍵


というわけで
デカルト『方法序説』は読むことにします。

アイスランドの火山の噴火の解説も
わかりやすく
「なるほど」というものでした。

おもしろいセミナーでした。
また、かなり勉強になりました。

鎌田 浩毅先生 ありがとうございました!!

【あとがき】

京大・鎌田流 一生モノの人脈術
鎌田 浩毅
東洋経済新報社
売り上げランキング: 3503
おすすめ度の平均: 5.0
5 自分という「ブランド」のつくり方。
5 「人脈」のとらえ方が変わります


新刊もちゃんとアピールしていました。

この辺もやっぱり、うまいわ。

白のスーツに
ピンクのシャツで
赤系のネクタイ。

うーん 今日もオシャレだねー
と思っていたら

「白の革パンじゃないか!!」

オシャレ度急上昇!!

さすがや!! と感心しきりでした。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/03 06:50 ] セミナー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。