心の中に潜むもの 【「空気読み」企画術】 跡部 徹 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 心の中に潜むもの 【「空気読み」企画術】 跡部 徹ホーム > 書評 > 心の中に潜むもの 【「空気読み」企画術】 跡部 徹

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

心の中に潜むもの 【「空気読み」企画術】 跡部 徹


【スマイルシグナル的要約】

レビュープラスさんから
献本いただきました。

ありがとうございます。

空気を読む という
言葉がおもしろい1冊です。

「世の中の空気」=トレンド
を読まなきゃいけない人たちへ
向けた「空気を読む技術」
といった感じです。

みようと思えば見えてくる「空気」というか
世の中の流れや雰囲気。

「みよう!!」「読もう!!」
「読まなきゃいけない!!」
という人には、参考になると思います。

「問題意識」が、空気を読む鍵なのかもしれませんね

「空気読み」企画術
「空気読み」企画術
おすすめ平均
stars企画を考える上でのフレームワークがとてもわかりやすいです
stars右脳と左脳で企画を作り伝える方法が学べる
starsこれ一冊でわかる企画術の入門書・・・「企画術」とは「隠れたニーズ」を読みとり「人を動かす方法論」のことである
stars企画力をつけるための術
stars読みやすく読み返したい本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



【amazon的要約】

ターゲットを自分に「憑依」させる、「世代の空気」に合わせた切り口を考える、「トレンドの振り子」の位置を見極める、プレゼンは相手が疑問を感じた順番で話す―アイデア発見のコツから人を巻き込むプレゼンの技法まで「企画」のすべてが1冊で身につく。

【目次】

■第1章 なぜ、「空気読み」でいい企画が作れるのか?
■第2章 空気が読める「発見体質」に変わるトレーニング
■第3章 誰でもヒットメーカーになれる「空気読み」の技術
■第4章 関係者のメリットを描き企画に落とし込むフレームワーク
■第5章 企画をみんなに理解させ人を巻き込むプレゼン術

【ポイント+一言】

★「いい企画」とは、課題を解決する企画
⇒「世の中の役に立つ」という視点はかなり大事なものです

★この買い物をしたときの、自分の心の動きを覚えておく

⇒自分が消費者のときが、「物を売る」ときに参考になることがたくさんあります。

★友達や他人の行動を観察してみたり、話を聞いてみる
⇒自分の半径3メートル以内に「ネタ」はかならず転がっている

★消費者のニーズをくんで「課題解決、満足提供」できれば、その見返りとして「購入したり、利用してもらえます」
⇒「何ができるのか?」ということを考えてみる

★ハッピーエンドのストーリーを描く

⇒心を動かす


【感想】

長浜城主となった秀吉は、ある日、領内で鷹狩をしていた。
その帰途、喉の乾きを覚えて、ある寺に立ち寄って茶を所望した。
対応した寺の小姓は、まず最初に大ぶりの茶碗にぬるめの茶を一杯に入れて出した。
喉の乾いていた秀吉は、それを一気に飲み干したあと、もう一杯たのんだ。
次に小姓は、やや小さめの碗に、やや熱めにした茶をだした。
秀吉が試みにもう一杯所望したところ、今度は小ぶりの碗に熱く点てた茶を出した。
相手の様子を見て、その欲するものを出す、
この心働きに感じいった秀吉は、その小姓を城に連れて帰り家来とした。
この小姓が、その後累進し、五奉行の一人、石田三成となったのである。

http://www.asahi-net.or.jp/~ia7s-nki/knsh/itsuwa/itsuwa.htm より引用

有名な 石田三成の三献の茶のお話です。

空気を読む企画 というのは
この「お茶」のようなものだと思います。


結果的に、三成も出世しましたしね。

相手の欲求というか
ニーズを考えてそれにあったものを
提供する。

話は簡単ですが
問題は、「相手の欲求」が
わかりにくくなっている

というところにあります。

だからまず
相手の欲求はなにか?
ということを知ることが必要となります。

相手がのどが乾いているのに
熱いお茶をだしては、いけないわけです。

引用した文にもありますが
相手の様子を見て、その欲するものを出す
ということ。

つまり
まずは、相手の様子を観察すること。
そして、
「自分だったらどうだろうか?」
を考えてみることは、かなり大事なことです。

僕は、かなり人の買い物についていくのが好きです。
とくに
家電製品なんかは(笑)

新製品をみると
追加された機能、削除された機能
を注目してしまいます。

デジカメの「スマイル認識」って
機能はすごいなと思いました。

笑顔を検出して自動でシャッターを切るわけですからね

ハイ バター (古)
という掛け声がいらないといううのはいいですね。

自分の子どもの笑顔ししておけば
かわいい我が子の笑顔がしっかりとれる


このように、新製品やなんかから
「相手の欲求」を見ることができます。

この本では
「ヒット商品分解フレームワーク」
がついています。


このフレームワークと
その考え方を実践するだけで
「ウケる企画力」はかなりあがります。

実践するためには
とにかく「集める 分解する 考える」
という行動をしていきます。


集めてばかりで
分解してなかったかも・・・・
という反省はかなりありますが(笑)

そそ
分解して考えなきゃね。

まずは
「ニーズ」について考えることから
はじめてみます。

Happy Reading!!


【記録】
5月 ブログ記事 3記事  ブログに書いた本 2冊
4月 ブログ記事 13記事  ブログに書いた本 11冊
3月 ブログ記事 17記事 ブログに書いた本 11冊
2月 ブログ記事 14記事 ブログに書いた本 12冊
1月 ブログ記事 17記事 ブログに書いた本 11冊

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/09 21:20 ] 書評 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://smilesignal888.blog44.fc2.com/tb.php/392-a1cef38f

この記事をtwitterへRTする 僕は、経営企画という職種に携わるようになって数年経つ。 新規事業とか新商品開発とかではなくて、どちらかというと組織運営系の制度企画などがメインなのだが。 本書は著者の跡部さんが明言しているように「ヒット企画が作れなくて悩ん
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。