あなたはなぜ値札にダマされるのか? 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > あなたはなぜ値札にダマされるのか?ホーム > 書評 > あなたはなぜ値札にダマされるのか?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたはなぜ値札にダマされるのか?





今日も、鮒谷周史さんのセミナー、「旬放談会」にて
お話していた 1冊です

最近読むのがすきなんですよね
行動経済学の本。
紹介していたのですぐに買いました。

値札というこのなので
値段や価格のことかなと思いましたが
違っているようです。

値札というのは、物だけでなく
人にもつけるものだと思います

いくらというのではなく
この人はこんなひと あの人はこんな考えの人 というような
感じですね。

値札というと、タイトルとしてはちょっと損しているような気がしますね
ラベルなんかがよかったかもしれません。

しかし、本書の内容は
実生活なんかで体験した事があるものばかりだと思います。

1番目と2番目の
■損失回避の法則:
 損失の可能性を何としても避けようとする。
■コミットメントの法則:
 ある物事に時間や労力やお金をかけたあとでは、
それがうまくいかないと分かっていても止めることができない。

というのは、株やFXなどの投資で損きりできないことを
あらわしています。

この二つが組み合わさると
なぜか判断が出来なくなり、「まあなんとかなるよ」とか
「また、上がるよ」なんて考えが出てきます。

本書の言葉を借りると
<<損失回避とコミットメントをいう二本の見えない流れが合流すると
  極端な楽観主義をもたらす>>

つまり、
<<最後にはうまくいくはずという見込みのない希望をもつ>> という
状態になるということですね。

これは、投資というお金がからむ問題だけでなく
人間関係 特に 恋愛関係にも言えるのではないでしょうか。

本書では、上記のような法則が8個かかれています。
そして、そのような考えに落ち込まないようにする回避策も書かれています。

1番目を読んで うーーーん・・・・・
とうなってしましいました。

損きりできない理由が
ここにあるなと考えてしまいました。

パラダイムの魔力もそうですが
いかに自分の考えが
今まで積み重ねたもので
構成されているのかということをですね。

そして、自分の見たいものだけをみている
ということも痛感しました。

この本のおもしろいしかけには
裏表紙の帯に
免責事項
もしあなたが上記のレビューを見て本書の購入を
決断されたのならば、今あなたはスウェイされています と書いているところです

スウェイとは、目的行動を変えさせる。意見気持ちを動かす といった意味のようです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/01/14 10:03 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。