「違い」を出す人の「小さな工夫」の積み立て方 【知的生産ワークアウト】 奥野宣之 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 「違い」を出す人の「小さな工夫」の積み立て方 【知的生産ワークアウト】 奥野宣之ホーム > ビジネス > 「違い」を出す人の「小さな工夫」の積み立て方 【知的生産ワークアウト】 奥野宣之

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「違い」を出す人の「小さな工夫」の積み立て方 【知的生産ワークアウト】 奥野宣之


【スマイルシグナル的要約】

著者の奥野宣之さんより
献本いただきました。

ありがとうございます。

いろいろな方法論が
書かれていますが
「目的はなにか?」
という視点をしっかりと
書いています。

目的をしっかりと
捕まえておけば
自分なりのアレンジもできるはずです。

そっくりそのまま
使える技術もありますが
著者はなぜこれをやっているのだろう?
自分の今の状況でできることはなんだろう?
と 考えて見るのも
「知的生産力」を上げる訓練になりますね。




著者紹介

奥野宣之 (オクノノブユキ)

1981年大阪府生まれ。
大阪府在住。
同志社大学文学部社会学科を卒業後、出版社および新聞社への勤務を経て
2008年、『情報は1冊のノートにまとめなさい』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)でデビュー。
同書は31万部のベストセラーになり、続編の『読書は1冊のノートにまとめなさい』(同)、
『だから、新書を読みなさい』(サンマーク出版)
『情報は「整理」しないで捨てなさい』(PHP研究所)と
合わせて累計部数は50万部を超える(2010年4月現在)。

「おもしろくて、読者の役に立つ、実用的なものを書くこと」を信条にしている。

【目次】

はじめに~なぜ、あらゆるビジネス人に「知的生産力」が必要なのか
第1章 発想からアウトプットをつくる
 ・インプット----生活の中で知識を補強し頭の基礎体力をつける
 ・発想とアイデア----情報に対するレスポンスをよくする
 ・アウトプット----「型」と「道具」で自分を囲い込む
第2章 生きた時間をつくる
 ・目標と計画----「自分会社」の経営計画を持つ
 ・時間管理----時間の空費をなくす
 ・集中----「没頭状態」をつくる仕掛け
第3章 創造的な環境をつくる
 ・情報整理----生産性を意識しながら低コストに管理
 ・モノ整理----モノの増殖をコントロールする
 ・空間の活用----「場の力」を利用して快適に作業する

【ポイント+一言】

★二週間から1ヵ月くらいの読書計画表をつくって、その通りに読むこと
⇒積読解消に役に立ちそう。シーゲルの「株式投資」で実践しよう

★日ごろから他人の考えを良く聞き、よくわからないことがあれば、いちいち質問をして、硬直しないように頭を耕し続けること。
⇒よく聞いていない僕としては、反省材料(笑) また、きちんと「質問できる人」になりたい

★読み手に負担をかけないよう、親切に書くこと
⇒読んでみて、「親切か?」ということを考える。(特に、仕事面でのメールや説明文)

★「日課」を決めるときのポイントは、あまり負担にならない程度にとどめておくこと。
⇒テストせずに、3日坊主でおわっていることが多々ありますね(笑)精神的負担と時間的負担を考えないとダメですね

★限られた本棚のスペースに空きをつくるために捨てる本を考えて選ぶほうが、知的生産の糧になります。
⇒捨てられないではなく、捨てることを考えておく。

【感想】

とにかく書く!!
というのが、僕が奥野さんからいつも学んでいることです。


本書にのっていますが
日経のコラム「春秋」を
書き写しているノートを見たときには
かなり衝撃的でした。

「うわ すげ!!」
というのが、第一印象でした。

これなかなかいいですよ
といわれても、
「やりましょう!!」とはいえないものです(笑)


しかし、素直にやってみると
意外と「あら 簡単だわね」
というものです。

そこで、終わらないのがまた面白い。

原稿用紙を作ってしまうところが
「小さな工夫で継続化しよう」
という考えがでていていいですね。

もっとうまくできないか?
もっと工夫できないか?
と考える姿勢は、ぜひとも真似したいです。


奥野さんは、「とにかく書く」派です。
「とにかくしゃべる」派の人も
いると思いますので
その人は、レコーダーなどを利用して
しゃべって記憶するといいでしょう。

「情報は1冊のノートにまとめなさい」
からそうですが
「いかに継続できるシステムをつくるか」
ということを実例をまじえていて
わかりやすいです。

物事が、長続きしない僕としては
非常に参考になります(笑)

小さな工夫を継続する技術と
小さな工夫で継続させる技術を
この本から、しっかりと「盗み」たいです。


量として可視化する方法として
こっそりと ブログの後半に
記事数と、書いた冊数を書くようにしました。

「意外と書いてないな」
というのが実感ですが
無理せず続けていけるペースがこれくらいなのかな
と思っています。

月間15冊を目標にしようかな
と思っているので
もう少し、考えて「システム」化していかないとダメですね。

とりあえず
「進捗シート」をつくることにします!!

あとは
「ルーチン チェックリスト」もいっしょに!!


Happy Reading!!


【この本に関する他のブログ】

SHINOBY'S WORLD
http://www.shinoby.net/2010/06/post-2112.html

読むが価値
http://www.yomugakachi.com/article/151770969.html

マインドマップ的読書感想文
http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/51825836.html

山といえば川
http://yamatoiebakawa.blogspot.com/2010/05/25-chiteki-workout.html

読書I/O日記
http://io-diary.com/mt/2010/05/post-98.php

読書感動文
http://bookreader.blog.so-net.ne.jp/2010-05-28

本魂!~1冊の本から始まる想いの連鎖~
http://ameblo.jp/a-little-capricious/entry-10547559979.html

知磨き倶楽部
http://ameblo.jp/axis-ye/entry-10547194204.html

じゅにがも読書日記
http://d.hatena.ne.jp/eo64air/20100525/p1

資格試験研究室~合格ジャンボリー~
http://blog.e-4clover.com/?eid=1041615

京都で働くはんなり大阪人のブログ
http://ameblo.jp/the-goal/entry-10546484590.html

大志は現実化する
http://ameblo.jp/sea-hiro/entry-10549224194.html

ビジネス書と嵐が大好きなバイトMGRのブログ
http://ameblo.jp/yukihira-n/entry-10550346665.html

【記録】
5月 ブログ記事 13記事  ブログに書いた本 8冊
4月 ブログ記事 13記事  ブログに書いた本 11冊
3月 ブログ記事 17記事 ブログに書いた本 11冊
2月 ブログ記事 14記事 ブログに書いた本 12冊
1月 ブログ記事 17記事 ブログに書いた本 11冊
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/28 17:47 ] ビジネス | TB(1) | CM(2)
ご紹介ありがとうございました。
追加ワークアウトのぼちぼち始めていきますよ。
今後とも、よろしくお願いします。
[ 2010/05/29 09:50 ] [ 編集 ]
いえいえ
こちらこそ
献本ありがとうございました。

追加のワークも楽しみにしています
[ 2010/05/29 21:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://smilesignal888.blog44.fc2.com/tb.php/404-bf63221b

仕事の成果が激変する 知的生産ワークアウト―あなたが逆転するための73のメニュー(2010/05/28)奥野 宣之商品詳細を見る 間違いありません。 本...
[2010/06/09 21:58] 一流への道
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。