「場」の力 【「どこでもオフィス」仕事術】 中谷健一 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 「場」の力 【「どこでもオフィス」仕事術】 中谷健一ホーム > ビジネス > 「場」の力 【「どこでもオフィス」仕事術】 中谷健一

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「場」の力 【「どこでもオフィス」仕事術】 中谷健一


【スマイルシグナル的要約】

ダイヤモンド社 編集の市川さんより
献本いただきました。

ありがとうございます。

どこでもオフィスになり
どこでも勉強部屋になります。

スタバは、よく利用しています。

なんというか
「集中」できるんですよね。

スタバという「場」の力が
働いているのだと個人的には思っています。

そんな「場」の力を利用して
仕事や勉強を効率的にすすめましょう!!

このブログの構成は
「オフィス・トレイン」で
考えました。

【この本を読んで欲しい人】
★集中する場所がないと嘆いている人
★外出が多い仕事の人
★ちょっとした空き時間に仕事をこなしたい人

「どこでもオフィス」仕事術
公式サイト:http://doko-off.com/




【著者略歴】

中谷健一(なかや・けんいち)

トリムタブジャパン有限会社代表取締役。
モバイルマーケティング・コンサルタント。
大阪大学卒業後、(株)リクルートにて情報誌の創刊、WEB企画立案に携わる。
2000年にi-mode初の女性向けファッション情報サイト「エフモード」を立ち上げ、2005年に独立。
現在は、モバイルを活用した顧客戦略、
メディアプロデュースのプラン・コンサルティングを行っている。

青山に自社のオフィスがあるが、
実際の作業はほとんどクライアント先や喫茶店、移動中などに行うため、仕事は9割外でしている。
レッツノート、iPhone、モレスキンを携帯し、
クラウドを活用しながら、日々「働く場所」を自由に選んでいる。

著書に『成功する!ケータイ通販』(インデックスコミュニケーションズ、共著)、
『モバイルマーケティングを活性化する企業携帯サイトの構築』(秀和システム、共著)。

【目次】

●第1章 会社員でも実践できる「ノマドワーキング」
●第2章 ノマドワーキングの「基本ツール」
●第3章「オフィス環境」の選び方
●第4章 「デジタル管理」で情報は活用できる
●第5章 仕事とオフィスの「マッチング」
●第6章 働き方を進化させる「クラウド活用術」

【ポイント&一言】

★家族と過ごす時間を犠牲にすることなく、知識をインプットするための「自分時間」を上手に確保することだってできます
⇒「どこで働くか」ではなく、「いかに働くか」を考えて時間を使うようにする。

★環境を変えて自分を物理的に追い込んでいくと、集中力が否応なく高まります
⇒「これをやるまで帰れない!!」は会社じゃなくてもできる。

★作業効率がオフィス空間によって大きく左右される
⇒お気に入りの場所で「巣篭もり」して、楽しく仕事!

★ソーシャル勉強法
自分が学んだ内容をブログやツイッター、SNSなどのソーシャルメディアで紹介しながら、仲間と学びを共有していく勉強法のことです

⇒「共有」する効果もありますし、一緒にやることで「継続」することの助けにもなります

【感想】

ノマド式は
仕事の時間を増やす わけではなくて
仕事の時間を効率的に使うこと
を目的としています。

たとえば、オフィス・トレイン。

著者の人は、twitterなどですが
僕の場合は、人間観察だったり
TODOの整理だったり
予定の確認にあてたりします。

「電車でもできることがある」
と思えばいいんじゃないでしょうか

パソコンがなくても
アイフォーンがなくても
できることはあるはずです。

メモとペンがあれば、できることもあります。

オフィス・トレインの5分で
会社にいってやること や
外出先での内容をメモしておくだけでも
会社に帰っての効率が変るはずです。


僕は、よく読書ノートを読み返します。

たとえば
できる人の口ぐせ という本の
メモを読み返していると
「頼まれ仕事が面白くなる」⇒あの人に喜んでもらいたいな
というのがあります。

ちょうど「頼まれ仕事」があったときだったので
「おお!! そうか!!」と
モチベーションがアップしました。

オフィス・トレインでの出来事です。

「まとまって取れる時間」は、貴重です。
しかし、なかなかありません。

そうかんがえると、
「細切れ時間」で何ができるのか
ということを考えておくことが重要なことではないでしょうか


会社でしか、仕事ができない環境であるなら
会社にいったら、「すぐ仕事ができる」ように
するのが、「ノマド式」を応用した働き方
といえるのではないでしょうか

朝食を
お気に入りのカフェで
ゆっくり食べるのが
仕事の効率をあげるのであれば
いいことだと思います。

もちろん
勉強でもいいですね。

スタバで「本」を読むとかなり集中できます(笑)

時間を有効に使うために
「場」の力を利用してみてはいかがでしょうか。

各駅停車で
各駅ごとに考えることを変えて
アイディア出しをするとか
オススメですよ。

Happy Reading!!


【この本の他の書評

マインドマップ的読書感想文
http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/51827184.html

井寄事務所 (経営者会報ブログ)
http://iyori.keikai.topblog.jp/blog/114/10020523.html

R-Style
http://rashita.net/blog/?p=3972

ほぼ日BLOG
http://ameblo.jp/sugiyuzu/entry-10551312281.html


【記録】
6月 ブログ記事 3記事  ブログに書いた本 3冊
5月 ブログ記事 14記事 ブログに書いた本 8冊
4月 ブログ記事 13記事 ブログに書いた本 11冊
3月 ブログ記事 17記事 ブログに書いた本 11冊
2月 ブログ記事 14記事 ブログに書いた本 12冊
1月 ブログ記事 17記事 ブログに書いた本 11冊
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/06/04 01:32 ] ビジネス | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://smilesignal888.blog44.fc2.com/tb.php/408-681e1794

◆「どこでもオフィス」仕事術‐効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法 ◆成果を出すのに「時間・場所」は関係ない! あらゆる場所をオフィスに変え、環境や場のリソースを 使い分けながら、効率・集中・アイデアを劇的にアップさせる方法! iPhone×モレ…
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。