ライフハック祭り2009に参加してきました 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > ライフハック祭り2009に参加してきましたホーム > セミナー > ライフハック祭り2009に参加してきました

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ライフハック祭り2009に参加してきました


関西ライフハック研究会 の ライフハック祭り2009
に参加してきました。

シゴタノの大橋さん
Lifehacking.jpの堀さんのお話を聞いてきました。

15分遅刻して、大橋さんのお話が
半分しか聞けなかったのは
反省材料です。
(自分の反省を記録する・・・。)
次回は、前日までにしっかりと確認をしておきます。

さて、堀さんのお話ですが
情報ダイエット仕事術についてでした。

情報ダイエット仕事術についてはこちらに書いています。

読んだ内容と聞いた内容で多少印象が違う点があったので
追記しておきます。

私が、感じたことは
「数を数えることの重要性」ということについてでした。
そして、「おもしろいものを蓄積する」ということです。

自分が思っていることとと実際は違う
ということを認識するために、数を記録していく。
そして、その数を記録していくことで
身につけたい習慣ややりたいことを管理していきます。

<<数字はすべてを裏切らない>> ということです。

数値化して管理すると
あとから振り返りやすいし、これだけやったんだ
という自信にもつながりますね。

目標の数を決めて、それに対して数値化して管理する。
もしくは、点数を決めて、それを管理するということですね。

本を読むということだったら
1冊ではなく、1ページでも読んだら書いておくというのが
いいかもしれませんね。

おもしろいものを蓄積するというのは
自分の面白いと感じたものを集めてみるということです。
堀さんは、ワインのようです。

ものでなくてもいいです。
映画だったり、音楽であったりでも大丈夫です。

★で管理するしていくと
★★★★★だけあつめてみると
自分の気づかなかったものが見えてくると思います。

自分の面白いと感じるもの (たとえば本)
を100個あつめれば、いろいろなものが見えてきて
それを定期的にアウトプットすれば
それが、専門性に変わっていく

質の前に、量をこなそうという発想ですね。

100個集めるのは
結構つらいですが、自分の面白いと感じることのなので
つらい時期を乗り越えられるかも・・・・・。
と思ってしまいます。

ちょっと、がんばってみようかな
という気になりました

ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/01/18 09:54 ] セミナー | TB(0) | CM(2)
ブログにコメントをいただきありがとうございます!

昨日はとても濃い時間でしたね~

ライフハック初心者には、かなり刺激が大きかったです。

私もできることから取組んでいきたいと思います。

[ 2009/01/18 18:56 ] [ 編集 ]
あああ
ブログのコメント読みましたが
あのかたですね(笑)

わかりました。

また、セミナー等でご一緒したときには
こちらこそよろしくお願いします
[ 2009/01/18 21:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。