人前でしゃべった後に振り返る本 【人気講師の教え方本】 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 人前でしゃべった後に振り返る本 【人気講師の教え方本】ホーム > 書評 > 人前でしゃべった後に振り返る本 【人気講師の教え方本】

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人前でしゃべった後に振り返る本 【人気講師の教え方本】


【スマイルシグナル的要約】

著者の多田健次さんより
献本いただきました。

ありがとうございます!!


多田さんの授業には
参加はしたことないですが
講師をされてるセミナーには参加をしたことがあります

そのときに
この本に書かれているような
入念な準備をされていたのが
印象的でした。

自分が
なにか人前でしゃべった後に
「こうすればよかったのか!!」
といっしょに反省する本だと思います。

しっかりとした
準備が、必要なんですよね。

この間の何も準備をしなくて
人前でしゃべったことを反省して(笑)

誰でもまねできる 人気講師のすごい教え方
多田 健次
中経出版
売り上げランキング: 1597
おすすめ度の平均: 5.0
5 既に講師をしている方、これから講師を目指す方必見です!!
5 人前で教える、話すひとのための基本書
5 これまでになかった充実の一冊!
4 『小心者講師』というフレーズが気に入りました

【目次】

序 章 講師として必要な心構え
第1章 講義は事前準備で9割決まる
第2章 どんな人でも引き付ける話し方
第3章 理解を200%深める方法
第4章 講義中ずっと集中させる方法
第5章 ありがちなトラブルを切り抜ける方法

【ポイント&一言】

★講師の依頼があるということは、その時点で認められているということです。あとは、その期待にこたえられるように、精一杯の努力をすることが大切です。
→謙遜することなく、講師の依頼がきたらやってみましょう。新しい扉がひらくかもしれませんよ

★「熱意」は生徒が感じるもの。

→熱意の伝え方は、声を大きくすればいいというものではありません。自分にあった伝え方を考えましょう

★どんなささいなことでも構わないので実際に行動に移してもらうことが、講師としての重要任務になるのです。

→情報や知識の提供だけでなく、どうすれば行動にうつしてもらえるのかを考えることも重要

【感想】

僕がたまにお手伝いをするセミナーは
毎回 コピーしたように
内容が一緒なんです。


大体 10人に1人が実際に何かをする
という感じです。

この本を読んだ後
そうか
何もしないのを参加者のせいにするだけでなく
講師もなぜ行動しないのかを
考えないといけないなあ
と感じました。

また、「やる気」を与えるだけでなく
実行までの「ステップ」をしっかりと示すことも
大事だなと感じました。

一回だけの
セミナーや講演会ではなかなか難しいですが
定期的に開催するものであれば
参加者の様子をチェックすることも
可能かもしれないですね。

うむー
いろいろと
考えないといけないなあ・・・・

主催者をやることもあるので
参加者の満足度をたかめるために
講師だけでなく
主催者としてできることもありそうです。

マンネリになってたことを
反省して・・・・。

目標と実践と反省の繰り返しで
うまくなっていく。

講師をやる目的はなんだろうか?

人前でしゃべって
何を伝えたいんだろうか?

これだけは
やってほしいことはなんだろうか?

そんなことを考えて
しっかりと準備をすることが大事です。

ちゃんと準備しよう!!

Happy Reading!!

【記録】
11月 ブログ記事 3記事 ブログに書いた本 2冊
10月 ブログ記事 8記事 ブログに書いた本 6冊
9月 ブログ記事 12記事 ブログに書いた本 8冊
8月 ブログ記事 14記事 ブログに書いた本 12冊
7月 ブログ記事 11記事 ブログに書いた本 9冊
6月 ブログ記事 15記事 ブログに書いた本 11冊
5月 ブログ記事 14記事 ブログに書いた本 8冊
4月 ブログ記事 13記事 ブログに書いた本 11冊
3月 ブログ記事 17記事 ブログに書いた本 11冊
2月 ブログ記事 14記事 ブログに書いた本 12冊
1月 ブログ記事 17記事 ブログに書いた本 11冊
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/11/06 19:55 ] 書評 | TB(0) | CM(2)
著者の多田健次です。
いつもありがとうございます!

講師でも主催者でも
究極的には目的は同じかもしれないですね。

とくに、これから講師をされる方
講師経験が浅い方に読んでいただけましたら
嬉しく思います。

ありがとうございました!
[ 2010/11/06 22:45 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます!!

講師経験が
浅い人には
かなり「ビビッ!」
と来る部分が多いでしょうね

講師目線を
勉強させていただきました

ありがとうございます!!
[ 2010/11/09 11:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。