理解して使えるたった2つの質問 【いちばんシンプルな問題解決の方法】 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 理解して使えるたった2つの質問 【いちばんシンプルな問題解決の方法】ホーム > 書評 > 理解して使えるたった2つの質問 【いちばんシンプルな問題解決の方法】

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

理解して使えるたった2つの質問 【いちばんシンプルな問題解決の方法】


【スマイルシグナル的要約】

ダイヤモンド社の久我さまより
献本いただきました!!

ありがとうございます!!


問題解決をするための
方法はいろいろありますが
「難しい」「ややこしい」方法
では使う前に
「できない・・・」ということになります。

本書の方法は
かなりシンプルな方法です。

「誰のため」「なんのため」メソッド
と同じように
「原因は」「それで解決する」メソッドは
シンプルで
使いやすいと思います。

たった2つの質問だけ! いちばんシンプルな問題解決の方法―「タテの質問」で掘り下げ、「ヨコの質問」で全体像をあぶり出す

諏訪 良武 ダイヤモンド社 2010-12-10
売り上げランキング : 1739
by ヨメレバ

【目次】

はじめに
第1章 シンプルでパワフル! タテ×ヨコの問題解決法
第2章 問題をモレなく分解すると解決策が見えてくる
第3章 「タテの質問」で掘り下げ、原因を見つけ出す
第4章 「ヨコの質問」で問題の全体像を把握する
第5章 身近な問題を「タテの質問」と「ヨコの質問」で解決してみよう!
第6章 職場の問題を「タテの質問」と「ヨコの質問」で解決してみよう!
第7章 職場の問題解決の落とし穴
あとがき

【感想】

タテ・・・その原因を1つあげてください
ヨコ・・・その原因が解決できると、この問題はすべて解決できますか


これが、本書の「キモ」です

ああ
いっちゃった
って感じですが(笑)

本の帯にも
書いてあるのでいいでしょう・・・。

いいですよね?

ヨコの質問というのは
意外と盲点かもしれません。

「原因をさがせ」とばかりに
タテの質問をして
掘り下げてみても
問題の根本的な解決にならないことが
よくあります。

早起き・・・
ダイエット・・・
片付け・・・ などなど

どうして早起きができないんだろう?
どうしてブログが続かないんだろう?
どうして夜になにか食べてしまうんだろう?(笑)

原因を「深堀り」しても
なかなか
これ!! という解決策が
でてきません。

そこで、ヨコの質問

適切な質問は
頭を活性化させるらしいです。

煮詰まる前に
ヨコの質問。

「これを解決すれば、この問題はきれいさっぱり解決できるのか?」

いや
できないだろう・・・・

ということになれば
また原因を探してとなりますね。

使うには「慣れ」が必要でしょうが
なにか問題や悩みを解決するときに
使ってみると
「お!!」と思う発見があると思います。

原因というのは
見えにくいところにあるから
やっかいなんですよね

「じっちゃんの名にかけて」
しっかりと
「原因の真犯人」を探しましょう!!

HAPPY READING!!

【記録】
1月 ブログ記事7 書いた本9冊

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/31 10:59 ] 書評 | TB(0) | CM(2)
ヨコが大事なんですよね、ヨコが^^♪
シンプルですが、意味のある問題解決をするためには欠かせない質問ですね。
[ 2011/01/31 18:44 ] [ 編集 ]
横で広がりを持たせる
っていうのが
大事なんですねー

なるほどー

と思ってしまった
[ 2011/02/01 10:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。