「正義」や「超訳」を読む前に読んでおく本 「西洋哲学の10冊」 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 「正義」や「超訳」を読む前に読んでおく本 「西洋哲学の10冊」ホーム > 書評 > 「正義」や「超訳」を読む前に読んでおく本 「西洋哲学の10冊」

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「正義」や「超訳」を読む前に読んでおく本 「西洋哲学の10冊」


【スマイルシグナル的要約】

★哲学は堅苦しいものでなければならない、と構えるのは日本人の悪いくせかもしれません

この本は、岩波ジュニア新書から出ている本です。

中・高校生向けに書かれた本ですが
かなり勉強になる1冊です。

「哲学読書案内」となっているので
僕のように
読書感想文をブログに書いている人にも
参考になると思います。

「正義」について話したり
「超訳」した哲学者の本が売れています。

そう考えれば
この「哲学の名著への入り口」
であるこの本が見直されてもいいので
ないかと考えています。



【目次】

恋が求める究極のもの―プラトン・饗宴
人と関わりながらよく生きる―アリストテレス・ニコマコス倫理学
自分の中で自分に出会う―アウグスティヌス・告白
「わたし」から出発する―デカルト・方法序説
理性の運命を物語ろう―カント・純粋理性批判
人間の自然―ルソー・告白
だれでも読めるが、だれにも読めない書物―ニーチェ・ツァラトゥストラはこう言った
「自由に生きること」とは―ベルクソン・時間と自由
「存在への問い」を問いつづける―ハイデガー・存在と時間
ブタへの熱意を持ちつづけること―ラッセル・幸福論

【感想+ネギま式】

★デカルトは時代を超えてこう言っているかのようなのです
---私は40年かけてここまで来た。次はあなたの番だ、と。----


方法序説について書かれたところの
最後の一文を引用しました。

これを読んで
もう一度、方法序説を読んでみよう
と思いました(笑)

ニーチェやカントといわれても
名前は聞いたことあるけど
書いたものを読んだことがない
という人が多いと思います。

カントの純粋理性批判ですが
光文社古典新訳では
全7冊らしいです。



ここは
ショートカットで
読書案内を利用しましょう(笑)

興味も持てば
そのあと、本編というか
実際の書物を実際に読んでみればいいんではないでしょうか

方法序説は、岩波文庫版で137ページです。

その気になれば
読める文字数だと思います。

ハードルが高い
哲学の古典を身近なものにしている
というのはいいですね。

「正義」の本を読んで
いろいろ語る前に
読むべき本がほかにもあると
思うんだけどなあ・・・・。

読書感想文を書くということでも
参考になる1冊でした。

こうかくと
読んでみたい!!
という気になるのかと(笑)

ジュニア新書とあなどるなかれ
という内容です。

HAPPY READING!!

【記録】
3月 ブログ記事 1 書いた本1冊
2月 ブログ記事 4 書いた本3冊
1月 ブログ記事 7 書いた本9冊

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/03/05 09:50 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。