とりあえず読んでおきなさいとすすめる名著 考える技術・書く技術 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > とりあえず読んでおきなさいとすすめる名著 考える技術・書く技術ホーム > 書評 > とりあえず読んでおきなさいとすすめる名著 考える技術・書く技術

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

とりあえず読んでおきなさいとすすめる名著 考える技術・書く技術


【スマイルシグナル的要約】

同名のタイトルがいろいろありますが
講談社現代新書からでている
考える技術・書く技術です。

こっちではなく


こっち


読書の方法
メモの取り方
まとめの自己啓発チックな文章といい
ぜひとも読んでほしい1冊。

「え? プレイボーイで文具が紹介されてるの?」
というような面白い一文もあります。

ビジネス書のハブ本(ネタ本)として
1冊読んでおけば
他のつまらない本を読まずにすみますよ
【目次】
1.頭のウォームアップ
2.視点
3.読書
4.整理
5.発想
6.説得
7.仕上げ
8.まとめ
9.あとがき

【ねぎま式読書ノート】

この本を読むキッカケは
知的生産の技術 読書会に参加し
KJ法で有名な「発想法」を読んで
本屋をうろうろしたときに発見しました。

(新書コーナーばっかりいってるのがバレるなあ)

3章の1 「反読書的読書法」の中にある
★「いかに読むか」よりも「いかに読まないか」の技術のほうが大事であろう。
★ブレーン・ストーミング読書

という文章にひかれたので購入しました。

■黄色いエンピツ

読書をしているときに
線を引く人、付箋をはる人さまざまでしょうが
本書でススメているのは
黄色のダマートグラフ

しかし、黄色のダマートグラフなんて置いてるところを
見つけられなかったので
紙用マッキーの黄色で代用しました。

なにかいいものはないかと
ウロウロしてると
ゼブラ サラサクリップ0.5mm SARASA CLIP 0.5 黄 JJ15-Y
ゼブラ サラサクリップ0.5mm SARASA CLIP 0.5 黄 JJ15-Y

黄色のボールペンを発見!!

というわけで
今は、黄色のボールペンで線を引きながら読んでいます。

目立つ割に、目へ負担が少ないのでいいですよ。
(紙質にも多少左右されます)

■自分の見解は色を変える

読書ノートだけでなく
手帳やメモの読み返しのときにも
有効な方法です。

なんとなーく
色分けをする場合でも
自分の考えや思ったことは
違う色で書くべきです。


予定を黒で書いているなら
赤や青で自分の考えを書きましょう。

ノートを見返して
気がつたことは、違う色で書きこむと
そのときに書いたことと
後で書いたこととの区別がつきますね。

大事なのは、自分の考えです。

この瞬間にも
浮かんでは消えているあなたの考えなのです。

今はこう考えていても
将来は違うかもしれない。

他人である未来のあなたに、今の自分の考えを伝えましょう。

■アイデアを生む万能薬はない

まあそれはそうでしょう(笑)

アイディアを生む万能薬
すなわち、すべての人にきく方法というのはありません。

だからこそ
それぞれが、情報を集めて、整理して
自分なりの方法で、「アイディア」を
生み出していかなければなりません。

自分なりの方法を1から作るよりも
本書のような本を「補給手段」として
自分で工夫をして作り上げていくのがいいと思います。

本書の一部分しか
紹介できませんが
ネタばれして「読んだつもり」になるよりも
一度手にとってもらえればうれしいです。

1973年刊ですが
工夫次第では、まだまだ使える考え方だと思います。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/09/05 13:58 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。