効率的に「手書き」を使う 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 効率的に「手書き」を使うホーム > ノート術 > 効率的に「手書き」を使う

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

効率的に「手書き」を使う


【スマイルシグナル的要約】

なんでもかんでも手書き
なんでもかんでもデジタル
というのではなくて
「手書き」を効率的に使おう!」
というのを本書は薦めています。

「できるだけ手書きをしない」

というのが本書の考え方です。

どのように手書きを使うのか
デジタルがメインの人も
手書きがメインの人も参考になると思います。

【目次】

プロローグ 手書きには、すごい「力」がある!
第1章 「手書きの力」はコミュニケーション力
第2章 ここだけ手書きする
こうして手書きする
第3章 メモをもっと上手にとる
第4章 手書きで人に伝える
第5章 手書きで考える、整理する
第6章 「手書き力」をさらに磨く

【ねぎま式感想ノート】

★メモは、未来の自分に宛てたメッセージ

メモは、忘れないために書きます。
覚えるために
というよりは、忘れてもいいように
ということですね。

忘れてもいいように書いて
確認したいときや
思い出したいときに見返します。

メモを書いてるときの自分と
メモを読んでいるときの自分は
同じではありません。

忘れていることがありますから・・・

未来の自分が思い出しやすいように
メモを取ることが大事なわけです。

自分宛のメモでも、少し丁寧な字で書くといいと思います。

メモは、後で見る必要があるからですね。

★手帳に書くのは、3個だけ

著者の和田さんは、手帳に書くのは以下の3点しか書き込まない
ことをオススメしています。

①スケジュール
②TODO
③以上の2個に関連するメモ

それ以外のことは、他の情報カードやノートに書きます。

③を手書きで書くことが、ポイントだったりします。

スケジュールにも行き先や会う人などの情報があると思います。

それをスケジュールに関連付けて
メモすることによって
次回の訪問や一日の振り返りのときに活用します。

関連付けのメモをスケジュールと一緒に書くと
単なる「出来事」が
情報としてよみがえらせることができます。

★手書きをストレスにしない


意外とこれを無視してしまって
長続きしない人が多いのではないでしょうか。

メモをすることが慣れてしまうと
意識しなくても何でも書いてしまうのですが
「習慣づけ」ができていないと
やっぱり書くことに対して抵抗やストレスがあるかもしれません。

そんなときは
字をきれいに見せるちょっとしたコツや
使いやすい道具をみつけてみたり
書く手間を減らす工夫をしましょう。


なんでもかんでも手書きにしない
というのは、この点でも大事なことになってきます。

とにかく手で書く
とにかくデジタル
ではなく
効率的なのはどっちだ?
と考えて使っていくことが大事なことではないでしょうか


関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/09/15 22:14 ] ノート術 | TB(0) | CM(1)
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
[ 2011/12/20 11:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。