愛に生きる 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 愛に生きるホーム > 書評 > 愛に生きる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

愛に生きる






愛に生きる
鈴木 鎮一 著

才能とはなんだろう?
そのことを、考えさせてくれました。

この本の著者は、
<<才能とは、あるものではない。才能とは作るものだ>>
さらに
<<正しい努力をすれば、しただけの能力は身につく>>

正しい努力?

正しい努力はなんだろう?

ひとつは、<<くり返してやるということ>>
<<ひとつのことが出来たら、それを徹底的にくり返してやること>>

これができたら、次へ進もう というのもいいと思います。
しかし、本当に身についていますか?
まぐれではないですか?
もう1回 もう10回やったらもっとうまくできないですか?

身につくまでやるというのがありますが
身につけるためには、それをくり返しやったからです。

できたことも、くり返さなければまた出来なくなってしまう。
これは、何かの技能だけでなく
習慣もそうです。

今日は本が読めた。
今日は運動が出来た。
今日は早起きが出来た。

当たり前のことですが、これをくり返さないと習慣になりません

本を読む才能
運動ができる才能
早起きが出来る才能

これらを、才能と呼ぶかどうかは別として
一日で身につくものではありません。

<<くり返すことによって、なにごとも身につく>>

あなたが今出来ているもの
それは、才能です。
能力です。

絵が描けたり
字が読めたりするのもそうです。

いやいやかもしれませんが
字を書こうと
絵を描こうと思ったからです。

<<思うだけでは、能力ではない。思わないのと結果は同じ
   やってのけてこそ、能力なのだ>>

あきらめるというのも
思う のと同じだと思います。

正しい努力の中に
くり返す
実行する能力を身につける
実行する習慣を身につける というのがあるような気がします。

夢や希望、やりたいことが僕にはあります。
これを 才能がないから とあきらめていてはダメですね。
努力が必要だということです。
自分自身を育てる努力。
才能は、生まれつきのものではないのですから。

世界を美しい と見るのも
世界は汚い と見るもの正しいでしょう。

できるなら 著者のように
世界は美しい と見れる人間でありたいと思います。

人生とは
生きるとは
まで 教えてくれました。

著者のバイオリンや音楽を通して、ここまで
いろいろなことを教わるとは思いませんでした。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/01/28 19:41 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。