楽しいを創造しよう。今この場所で。 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 楽しいを創造しよう。今この場所で。ホーム > 書評 > 楽しいを創造しよう。今この場所で。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

楽しいを創造しよう。今この場所で。


【スマイシグナル的要約】

担当編集者さんより
献本いただきました!!

ありがとうございます!!


東京R不動産という不動産屋さんの
働き方について書かれています

サイトは下記URLです
http://www.realtokyoestate.co.jp/

好きを仕事にする僕らの戦略
と書いてあるように
かなり戦略的に考えて「働き方」を
つくったな という感想です。

この本を読んで
僕も会社を辞めたいとか
働き方を変えたい
と思ってはダメです(笑)

戦略的に働きかたを変えるのは
どうしたらいいのか?
ということを意識しながら読みましょう。

読む人によっては
害にしかならないような劇薬の本ですので
取り扱いにご注意を!!

だから、僕らはこの働き方を選んだ 東京R不動産のフリーエージェント・スタイル

馬場正尊 ダイヤモンド社 2011-12-09
売り上げランキング : 829
by ヨメレバ
【目次】
はじめに――幸せな働き方をつくる
■序章 僕らの新しい働き方
■第1章 東京R不動産の仕事
■第2章 会社員とフリーランスの間
■第3章 良いとこ取りの組織論
■第4章 ビジネスとおもしろさのマネジメント
■第5章 やりたい仕事をして生きる
おわりに――これからの、東京R不動産の仕事

【ねぎま式読書感想文

僕は第4、5章が面白かったので
この章を中心に抜書き+感想を書いていきます。

★楽しいということはそれだけで価値がある

たまにあるのですが
読書会で
「上司から読んだほうがいいといわれたので・・・」
という本を読んでいる人がいますが

まあ 楽しくなさそうなのが伝わってきます(笑)

本もかわいそうだと思いますが
聞いている人も
どうしたらいいのかわからなくなるので
せめて楽しそうに話してください(笑)

世の中そんなに楽しいことが
毎日あるわけではありません。

楽しいことなんてそうありませんから
「いかに楽しむか」
ということが大事ではないでしょうか。

この場合楽しむのは「自分自身」です。

自分自身が楽しくないと、お客さんを楽しませる
なんてことはできない。

これを楽しくするのは
どうしたらいいか?
というのは大事な視点です。

★好きなことをある程度「戦略的」にやっている

好きなことだからこそ
経済的にも成り立つようにする

これはすごいことです。

世の中の多くの人は
「好き」を言い訳にしてる。

好きなことをやっているから・・・
好きで始めたことだから・・・。
などなど

これはよくないし、続かない。

好きだからこそ、うまく続けること。

この視点も大事。

好きだからこそ
経済的に成立をさせて
それを続けていく。

このことを忘れてはいけない。

★現実の中でたくましくやっていく

最近 Evernoteのなかにいれた言葉があります。

現実は正解なんだ。
時代が悪いの、世の中がおかしいと云ったところで仕方ない。
現実は事実だ。そして現状を理解、分析してみろ。
そこにはきっと、何故そうなったかという原因があるんだ。
現状を認識して把握したら処理すりゃいいんだ


http://aruhenshu.exblog.jp/9943413/ から引用

つい 逃げてしまいそうなことがありますが
ここのある現実が正解なのです

全力でプレゼンして失敗したのを
主催者のせいだの
会が悪かったのだの
内容は賞を取ったやつよりすばらしかっただの
いってもしかたがないわけです。

上司がわかってくれない
お客さんがわかってくれない
といっても仕方がないのです。

失敗という現実から
目をそらさずにやっていくしかないんです。

現実を受け入れましょう。

そこからがスタートです。

「なぜそうなったのか?」
を考えていきましょう。

僕たちが生きていくのは
過去でも未来でもなく
いまここにいる場所なのです。

こんな会社いいなー
と青い鳥を探すのではなく
今この場所で
この本を読んで何を生かせるのか
ということを「楽しく」考えましょう。

フリーエージェント社会の到来を再読して
参考書として 本書を読み返さないといけないですね。

フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか

ダニエル ピンク ダイヤモンド社 2002-04
売り上げランキング : 276
by ヨメレバ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/01/04 20:31 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。