手帳のお話をしてきたよ 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 手帳のお話をしてきたよホーム > 手帳 > 手帳のお話をしてきたよ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手帳のお話をしてきたよ


1/21に某所で
手帳のお話をしてきました。

デジタル時代のアナログ活用術
というすばらしいタイトルでしたが
反応は、かなりダメダメでした(笑)

講演を進めるたびに
これは違ったなあ・・・
と反省しきり。

せっかく推薦して
呼んでいただいたのに
申し訳ないという気持ちです。

リベンジはなさそうなので
講演の反省などを備忘録的に。

①想定聴衆を完全に間違った

まあ これが一番大きいでしょう(笑)

手帳に悩んでいる人が
想定聴衆(ターゲット)だと思ったのですが
まったく違っていました。

「なぜ手帳をつけないといけないのか」
「手帳がはやっているのはなぜか」
というところをほりさげたほうがよかったみたいです。

手帳に悩んでいる人向けではなく
どちらかというと
「今」の手帳ってどうなってるの?
という話をメインにしたほうがよかったようです。

ターゲットが違えば
話す内容も変わるわけで
これはしかたないなあ・・・
というところです。

②次善を用意してなかった

講演の内容を変えずに
そのままやったところもまずかったかな
と思います。

最初の3分で
頭に中には
警報が鳴り響いたのですが(笑)
そのまますすめてしまった。

この辺りは
経験というか
なんというか「臨機応変」にというところでしょう。

まあ「余裕」がなかったんでしょうね。

そのまますすめてしまった
ところに反省。

このあたりは経験不足だなあ・・・

③気負いすぎた

プレゼンで聴衆の方に満足してもらうには

・聴衆がすでに知っていること50%
・言われれば「聞いたことがあるな」思い出すこと30%
・初めて聞く話20%

というバランスで話すのが経験的にもいいと思っています。


http://www.mindhacks.jp/2010/10/post-2937 から引用

すごい役に立つ話をしよう
と思ったのが間違いだったような

あとは
すでに知っていること
について
想定聴衆者(ターゲット)を
間違うと「すでに知ってること」が
おかしなことになりますね。

バイトでやってる
IT系の講師のときも
復習の時間を多くとるほうが
授業のウケはいいですしね。

失敗するのは必然といいますが
まさにその通りというところですね。

納得。

次の機会があれば
もう少しうまくやれるように準備しよう!!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/01/24 17:09 ] 手帳 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。