私の履歴書の読み方 ~変われる人~ 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 私の履歴書の読み方 ~変われる人~ホーム > 成功 > 私の履歴書の読み方 ~変われる人~

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私の履歴書の読み方 ~変われる人~


変われる人 8000人のキーパーソンと会食してわかったこと
鮒谷周史
かんき出版
売り上げランキング: 748


僕が
この本で学んだのは
「私の履歴書の読み方」です。


Amazonのレビューや
他のブログを読んでいると
「人に会って、自分を変える」って話みたいだけど・・・
と思っている人もいると思います。

僕の場合
そんなに人に会うことがありません(笑)

ロールモデルを身近な人から見つけよう
みたいな話をされても探せないわけです。

ですから
人と会ってうんぬんかんぬんよりも
「私の履歴書」の読み方のほうが面白かったわけです。


知の越境者―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
白川 静 梅棹 忠夫 梅原 猛 中村 元
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 139132


日経新聞に連載されている
「私の履歴書」は、日経ビジネス人文庫より
出版されています。

まとめて読むには最適です。

では
本書から学んだ私の履歴書の読み方について書いていきます。

鮒谷流「私の履歴書」の読み方
①具体的な事例を抽象化して成功パターンを導く
 →型を把握する
②「まさか」からの這い上がり方を学ぶ
③苦難の時代の過ごし方。特に心の持ち方
④その人物の生きていた時代背景などを学ぶ
⑤成功パターンを自分のなりにまとめた「成功の教科書」をつくる


一直線で成功する人というのは
なかなかいません。

人生山あり谷ありです。

成功者と呼ばれる人たちは
その「谷」での過ごし方が違うと思います。

不遇の時代こそ
その人の人間性がでるのではないでしょうか

もうだめだーーーーと落ち込むのか
それとも、これはチャンスだと思うのか

★「ほぼすべての人に当てはまる」と思われる法則がある一方
「たまたまある人の特性や履歴に合致したから上手くいった」という
特殊な事例もあるということです。


ある特定の人物だけを参考にしていると
その人の特性だからうまくいった事例をも
参考にしてしまいがちです。

だからこそ
多くの人から学ぶべきなのです。

そして、そこから成功のパターンを自分なりに発見しないといけません。

イノベーションについて
ジョブズに学ぶだけでなく
ビル・ゲイツからも
ラリー・ペイジからも
横井軍平からも学ぶことが大事です。


横井軍平ゲーム館 RETURNS ─ゲームボーイを生んだ発想力
横井 軍平 牧野 武文
フィルムアート社
売り上げランキング: 34278


そして
気付いたことを
必ず書き残すこと。

言語化しておいておかないと
考えることができません。

頭の中で考えてたり
思っていても忘れてしまいます(笑)

本だけでなく
なにかを読んだままにしておく
という人は多いと思います。

読書ノートをつけなくても
メモ書きを残すことはできるはずです。

気が付いたことや
考えたことを書いておくだけで
自分の中での「消化」具合がちがいます。

メモ書きなら
ノートがなくても
ケータイでも
スマホでもできますよね。

人に会うことが苦手
人に会う量が少ないな
周りに尊敬できる人がいない
などなど・・・

そんな人は
私の履歴書を活用してみてはいかがでしょうか


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/22 10:10 ] 成功 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。