本の置き場について考える 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 本の置き場について考えるホーム > 本について > 本の置き場について考える

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本の置き場について考える


本棚」という響きは
みなさんそれぞれに
いろいろな思いをいだかせるかもしれない。

これを
「本の置き場」というと
頭のイタイ問題に変わるのだから驚きですね(笑)

本棚の整理をどうするのか?

試行錯誤しながら
現在 やっている僕の方法を紹介します。

本棚を管理する方法として
一番重要なのは
置いておく本の数を決める
ということです。


1年に、何冊本を読みますか?
そのうち何冊再読しますか?

また
今読んでる本は、もう一度読み返しますか?


読み返さない本は
置いておいても仕方がないので
さっさと処分しましょう。

本棚に置いておくというのは
その本を置いておくことに意味があるはずです。

ただ、なんとなくで置いておくと
どんどんたまります。

読んで、ノートをとる(まとめる)で
十分な本もあるはずです。

もし、捨てたことを後悔しても
図書館なり
古本屋さんなり
Amazonなりで手に入ります。

いつ読み返すの。いつかはきません(笑)

絶対に読みかえす本だけ
置いておけばいいのです。

そして
50冊置いておくとすれば
それは、現在の自分のBEST50なわけです。

じゃあ
次に買った本は
そのBEST50に入れるかどうかを考えましょう。

ちょっと考える時間を置いてもいいですが
考えたら、本を入れかえるなりして
50冊をキープしましょう。

①積読
②読んだけど迷い中
③BEST○○(○○には数がはいります)

この3個で管理すると
本棚と本の数が増えずにすみます。


★復習と応用を絶えずくり返すことによってはじめて、
さまざまな原理を習慣として無意識に使いこなせるようになるということだ。
(道は開けるより引用)

繰り返し読みたい本だけを
置いておくほうが、僕はいいと考えています。

本の置き場は
自分の家だけでなく
ブックオフでも
図書館でも
Amazonでもいいと思います。

本の置き場にとらわれない
クラウド・リーディングではないでしょうか(笑)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/26 11:59 ] 本について | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。