「失敗」とは、今そこにあるもの 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 「失敗」とは、今そこにあるものホーム > 成功 > 「失敗」とは、今そこにあるもの

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「失敗」とは、今そこにあるもの


私たちは、どうすれば失敗から
学んでいくことができるようになれるのか?
「失敗の作法」を学び直す時期が来ている。

原発事故はなぜ起きた? ワイキューブはなぜつぶれた? ――3冊からわかった「失敗から学べる人になるためのチェックリストより引用

失敗から学べる というのは
貴重なことです。

失敗から学ぼうということで

という本が売れているのかもしれません。

成功の共通項より、失敗の共通項のほうが多い
という言葉がありますが
「自分の失敗」と「他人の失敗」から
学ぶべきことはたくさんあります。


では
どうすれば、学ぶ人になれるのか
考えていきましょう。

失敗は、かならず起こる


なにをもって、「失敗」とするのか
ということになりますが
失敗というのは、かならず起こります。


愛情の反対は、嫌いではなく、無関心 という言葉と同じように
成功の反対は、失敗ではなく、「なにもしないこと」
というのがあります。

なにかをすれば、なにかすらの結果が出ます。

ダイエットになるらしい
ということで
1日3食を5食にしたら
余計に食べる量が増えて、結局太ったとか(笑)

ダイエットという点で考えれば
確実に失敗です・・・。

結果には
うまくいった と
うまくいかなかった があります。

ということで
失敗は、かならず起こるものなのです。

みんな「失敗」しています。

そこから、どうするのか?が大事になってきます。


失敗を予定に入れる


何かの計画を立てるときに
有効な方法ですが
「失敗」も予定にいれましょう。

「うまくいく」前提ではなく
「うまくいかない時にどうするのか」
を入れておくといいでしょう。


僕は、
「お 予定通りうまくいってないな」
と思うようにしています(笑)

うまくいかない原因を
考えて
それを1個1個つぶしていくしかありません。

モチベーションが原因なら
モチベーションがなくても
できる方法を考えましょう。

やる気は、有限です。
やる気がないときのほうが多いでしょう。

じゃあ そんな時にどうするのか
をあらかじめ考えておくといいですね。

失敗の教科書を作る


成功事例を集めるのも大切ですが
失敗事例も集めましょう。

ネットのいいところは
失敗事例もみれるところです(笑)

自分自身の失敗事例も
記録しましょう

「どうして、失敗したのか」
「なぜ、うまくいかないのか」

そう考えると
「当たり前のことをやる」
というのが、意外とむずかしいことがわかります。

何度も
同じ失敗を繰り返す
というひとは、一度「記録」を
つけてみてはいかがでしょうか。

「近い将来は、ネガティブで、遠い未来はポジティブで」
考えてみるといまくいくのかもしれませんね。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/29 10:15 ] 成功 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。