ほんだなのぼうけん ~「処方せん」的読書術の感想~ 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > ほんだなのぼうけん ~「処方せん」的読書術の感想~ホーム > 書評 > ほんだなのぼうけん ~「処方せん」的読書術の感想~

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ほんだなのぼうけん ~「処方せん」的読書術の感想~


「処方せん」的読書術  心を強くする読み方、選び方、使い方 (oneテーマ21)
奥野 宣之
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 9480



「読書術」というタイトルでは
ありますが
僕にはどうも
「ほんだな」というものについて
考える本ではないか と思えてしまいます。

★心を整えるためには、読みかただけでなく保管の仕方
つまり、「蔵書」も意識的に、工夫をもってやるべきです。


みなさんは
本棚に本をどのようにならべているだろうか?

僕は
サイズでまとめている。

収納しやすいからである。

しかし
著者は「本棚の区画」について
考えたほうがいいといっています。

★僕は、「自分をゴキゲンに保つ」ということを
重視して本棚を作っています


座右の書コーナー
メンヘル文庫 など 作っているそうです。

つまり、テーマ別。

この区画には、「何がある」という
記憶の仕方である。

★本棚に入っているのはは、過去の自分が求めた本

書店の本棚めぐりでもいろいろ発見がありますが
自分の本棚でも「発見」や「ハッと」することがあると思います。

★本棚をはじめ、本の並び、本の積み方は、自然に意味を持ってきます

自分が、無意識に並べたり
ふと手にとってしまった本や
自分の本棚で、「やたらと目につく本」には
なにか意味があるのかもしれません。

書店の本棚で「冒険」するのもいいですが
自分の本棚で「小宇宙(コスモ)」を
のぞいてみてはいかがでしょうか

君の小宇宙(コスモ)は燃えているか?


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/13 22:24 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。