仕事用ノートの取り方 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 仕事用ノートの取り方ホーム > ノート術 > 仕事用ノートの取り方

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

仕事用ノートの取り方


図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術

サンクチュアリパプリッシング
売り上げランキング: 589


最近 あたらしい仕事を覚える必要があったので
「仕事用ノート」をいうのを作成しました。

以下 そこで考えたことをまとめてみました

■日付+時間+名前を書く

教えてくれる人が複数いる場合は
名前を書いていると便利。

この人は教え方がうまい
この人は業務に関係ないけど、役に立ちそうなことを教えてくれる
やり方が違うけど、こっちのほうがよさそうだ・・・
など

いろいろと思うところがあると思うので
人間観察もかねて、名前を書いておくといい。

基本的に、
「同じことを2度聞くとだいたい不機嫌で教えてくれる」人が多いので
「こんな感じでノートに書いたんですけど
 抜けているみたいなのでもう一度お願いします」というふうにして
「聞いているけど、確認してほしい」というのアピールするといい。

■メモをまとめてノートに
僕の場合は
事務職っぽく、机に座りっぱなしなので
ノートにしたけれど
立ち仕事や外出が多いなら
メモ帳でもいいです。

ただし
メモ帳は切り取って、別のノートに貼っておきましょう。
時系列に

こうしておくと
「あいつはメモをよく取るが、メモした場所をよく忘れてる」
という結局マイナスな評価を少なくすることができます(笑)

■ノートは余白多めに

これは、余白に書き足すためです。
その日にはわからなかったことも
ちょっと慣れてくるとわかることが出てきます。

たとえば
何かの処理を記録したとしましょう

しばらくは、その処理の操作を必死に覚えますが
そのあとは、「なぜこの処理が必要なのか?」
ということを考えると思います。

その時には
処理を書いたノートのところに
その操作の意味を書いておきます。

そうすると操作の意味が分かってくるので
処理操作の「し忘れ」が減ると思います。

「ストーリー」で処理の流れをつかんで
忘れないようにするからですね。

■失敗・間違いこそノートに書く

最初のうちは失敗も間違いもすると思います。

教えてもらっていると
「あ 間違っちゃった」ですが
教えている人からすると
「こいつ まだこんなこともできないのか!」
かもしれません。

ここは、もう一度教えてもらうチャンスなので
ノートを見ながら
「なぜ間違えたのか」を書きましょう

「操作ミス」なら「操作ミス注意!!」
「ノートに抜けてる」なら「追記」をしましょう。

ノートは
自分用の「業務マニュアル」です。

どんどん書き込んで
バージョンアップしていきましょう!!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/10/22 12:16 ] ノート術 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。