残り99%の普通の人である僕らはどうやって生き延びればいいのか 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 残り99%の普通の人である僕らはどうやって生き延びればいいのかホーム > 書評 > 残り99%の普通の人である僕らはどうやって生き延びればいいのか

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

残り99%の普通の人である僕らはどうやって生き延びればいいのか


著者より献本いただきました!

ありがとうございます!!


★ジムに期待されているのは、やられ役ではない。ガンダムやホワイトベースを援護しつつ、勝つことなのだ

ジム=事務ではなく
ジム=普通の人です。

ジムのような普通の人は
まず期待されていること、できることで仕事をする。
自分のやりたいことがそのままできるわけではない。

自分がやりたいことよりも
人から期待されること。

単純作業にも目的があり、改善の余地がある。

ただやらされているだけ の作業はないのである。

僕たちはガンダムのジムである
常見陽平
ヴィレッジブックス
売り上げランキング: 1462




要は、考え方なのです。

自分はガンダムだと思い
やっていることとのギャップに迷うか
自分はジムなのだから
せめて、カスタムして強くなろう
と思うかは、人それぞれです。



ジムだってカスタムできるんだ(笑)

★仕事というのは、ほとんどは「やらなければならないこと」なのだから、基本的に苦行プレイだ。だから楽しむというスタンスが大事なのである。

やりたいことができないと悩むよりも
どうやって楽しむかを考えるほうが建設的でしょう。

ジムに求められているのは
シャアと一騎打ちすることではなく
粛々をザクを倒すことです。

目の前の期待されている仕事を
きちんとこなしていくこと。

それは苦行なのだから楽しもうということです。

“生きていることにもうなんの期待がもてない”
こんな言葉にたいして、いったいどう応えたらいいのだろう。
ここで必要なのは、
生きる意味についての問いを180度方向転換することだ。
“わたしたちが生きることから何を期待するか”
ではなく、むしろひたすら、
“生きることがわたしたちから何を期待しているのかが問題なのだ”
ということを学び、絶望している人間に伝えねばならない。


夜と霧に書かれている言葉ですが
同じように
仕事に何の期待も持てないという人は
その仕事があなたに何を期待しているのか
ということを考えてみてはいかがでしょうか。

デキル人にみなあごかれると思いますが
デキル人というのはごく一部であって
デキルひとに見えるのは
ジムのカスタム版であることが多いように思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/04 10:13 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。