そろそろ「平清盛」を見てみませんか 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > そろそろ「平清盛」を見てみませんかホーム > 読書について > そろそろ「平清盛」を見てみませんか

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

そろそろ「平清盛」を見てみませんか


大河ドラマ「平清盛」も終盤になり
有名な場面も増えてきました。

古典の勉強に
歴史の勉強の為にいかがでしょうか(笑)

大体ですが
36回あたりから平家物語にでてくるような
清盛晩年になりますので
有名なシーン(個人的に)がでてきます。

第36回のタイトルにもなっている「殿下乗合事件」
義理の弟「平時忠」の言葉である「平家にあらずんば人にあらず」
など終盤盛り上がってきています。

あとは
平 敦盛役を誰がやるのか
また 平 敦盛の登場する平家物語の名シーンである
「熊谷直美、息子ほどの敦盛を涙ながらに討つ」が
どのように描かれるのか楽しみです。

信長の好きな歌
『人間五十年、下天のうちをくらぶれば、夢幻の如くなり。一度生を享け滅せぬもののあるべきか』
は幸若舞の『敦盛』の一節です。

「熊谷直美、息子ほどの敦盛を涙ながらに討つ」は
能や幸若舞の題材になるくらい有名なシーンです。

あとは
やっぱり那須与一でしょうね

有名すぎるシーンですので
これまた楽しみです。

あと6話で壇ノ浦まで描くと思うので
クライマックスらしく盛りあがるでしょう(きっと)

視聴率が悪かったり
いろいろな話題が出たりと
いまいちぱっとしないですが
人間関係だけちょっと見ておけば
残り6話は平家滅亡へ向けて一直線なので
わかりやすいと思います。

鎌倉幕府成立後のお話は
源頼朝死後の権力闘争粛清バトルロワイアルまとめ
http://kousyoublog.jp/?eid=2747 が面白いので
こちらもオススメ。

平重盛が「ダメ男」っぽいのは
ちょっと嫌ですが(笑)
もうちょっとこうスポットを浴びてもよかったのかなあ・・・

平家物語でも
平重盛の死というのは
「平家の終わりの始まり」みたいな感じですし。

平重盛の熊野参詣も
平家物語ではけっこうすごい話になっているので
おもしろいですよ。

今後たぶんドラマ化されることはなさそうで
再放送もあまり期待できない
「平清盛」で平安末期から鎌倉幕府成立までの
時代の流れを知るキッカケにしてみてはいかがでしょうか




関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/11 18:40 ] 読書について | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。