逃げる備えをしてから買う~むしろ暴落しそうな金融商品を買え!~ 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 逃げる備えをしてから買う~むしろ暴落しそうな金融商品を買え!~ホーム > 書評 > 逃げる備えをしてから買う~むしろ暴落しそうな金融商品を買え!~

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

逃げる備えをしてから買う~むしろ暴落しそうな金融商品を買え!~


編集者さんより
献本いただきました
ありがとうございます!!


「長期投資は儲からない」
という著者の投資への考え方の本です。


政権も変わって
これから投資だ!!
とおもっている人に読んでほしい本です。

なんというか
円安・株高傾向にある今
ちょうどいい本なんじゃないでしょうか(笑)

ちょっと
普通の「投資」本とは
ちがう視点で書かれているので
「違う見方」をするという点でオススメです。

むしろ暴落しそうな金融商品を買え! (幻冬舎新書)
吉本 佳生
幻冬舎
売り上げランキング: 14,684

暴落しそうな金融商品なんか
買っちゃダメだろ・・・
タイトルだけで煽って・・・
と思っている人がいたら正解です(笑)

暴落しそうな金融商品を
そのまま買ってはだめということです。

では
どのように注意すればいいのでしょうか?

★いかに「大規模な暴落から逃げるか?」が
今の資産運用では一番大切なポイントになります。


つまり
上がるはずだと思っている商品は、売り(損きりも含む)にくく
下がるかもしれないと思っている商品は、少しの下げで逃げることができる
ということで本書のタイトルになっているわけです。

長期投資では「上がるはず」とおもいこみやすいので
大暴落に巻き込まれやすいということですね。

では逃げるためにはどうすればいいでしょうか?

★個人の資産運用では、リスク管理こそがなにより大切なのだと、筆者は考えます。

リスク=危険性ではなく
リスク=不確実性ですね。

筆者のオススメするリスク管理の方法とは
★とにかく「損きり」を徹底して、損失拡大を防ぐやりかたです

その損きりが難しい(笑)

本書の例でもありますが
リーマンショックで大きな損をかかえた人の多くは
また あがるだろう・・・
と損を切らなかった人です。

本書のタイトルにある
「むしろ暴落しそうな金融商品を買え!」というのは
「下がったときに、逃げる準備をしておこう」
といいことだと思います。

まだ 上がる・・・
この下げはすぐとまって、また上がる・・・
などの考えは捨てて
下がったらなるべく小さな損失で逃げようということですね。

長期投資とは
ほったらかしで長く持っておくことではありません。

こまめにチェックをして
自分の戦略通りになっているのか?
を調べないといけません。

買う時に、逃げる準備をしておく。
これからの投資には、この準備が必要だということですね。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/12/26 16:10 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。