富を築く100万ドルのアイデア ベンジャミン・フランクリン著  僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 富を築く100万ドルのアイデア ベンジャミン・フランクリン著 ホーム > お金 > 富を築く100万ドルのアイデア ベンジャミン・フランクリン著

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

富を築く100万ドルのアイデア ベンジャミン・フランクリン著


富を築く100万ドルのアイデア ベンジャミン・フランクリン著

<<1セント節約するのは、1セント稼ぐのと同じである。>>
<<1セント使うということは、1セントの喜びを得ることである。>>

(本書より引用)

あなたは、どちらだろうか?
私は、もちろん後者である。

そう、まさに <<人は感情で物を買う>> ということの典型
であるわけですね・・・。

フランクリンは、まず
<<1セント節約するのは、1セント稼ぐのと同じである。>>を
実践するように説いています。
その後に
<<1セント使うということは、1セントの喜びを得ることである。>>
を行うように書いています。

もちろん、本書はお金持ちになれるように書いている本である。
これを読めば、すぐにお金持ちになれるとはいわない。
しかし、お金に困っている人 借金がある人
お金持ちになりたい人には読んでほしい本である。

フランクリンの説くお金持ちになる秘訣は
<<勤勉と倹約。この二つの言葉の中に富を築くための
  全てが要約されている>> 
です。

もちろん、投資に関するもの どうやってお金を管理するかの
方法もかいてあります。
でもやはり、
フランクリンは、勤勉と倹約について書いています。

本書でいう勤勉とはなんでしょうか?
本書での勤勉とは、自分自身をコントロールすること
と言い換えられる気がします。

真面目、誠実、勉強。もちろんこのような意味での
使用もあります。
しかし、私には 自分自身をコントロールすること
という意味に思えます。

つまり 自己コントロールと倹約。
これが、お金持ちになる秘訣という
ことだと思います。

まずは、
<<1セント節約するのは、1セント稼ぐのと同じである。>>
ということを日々の行動で実践していく方法を
考えて、書き出してみる事にします。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/09/19 19:41 ] お金 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。