社長の手帳 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 社長の手帳ホーム > 未分類 > 社長の手帳

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

社長の手帳


社長の手帳

<<今日という日は、人生の中で最も重要である
   と毎日30回唱える>>



この本は、このような言葉が著者の解説というか
著者の頭のフィルターを通しての言葉がかかれています。

この本は、著者の手帳に書き留めた言葉が中心で
ついその言葉に、目が奪われてしまいますが
僕が印象に残ったのは
はじめに にある著者の話でした。

<<原因自分論 つまり物事がうまくいかないのは
   自分にすべて原因があるということでした>>


この話は、最近いろいろなところで見ます。

しかし、理解はしていてもこれを実践するのは
とても難しいと思っています。

箱の法則にもつながる話です。

人のせいや環境のせいにするのではなく
自分の心の中に問題を探す。
そして、自分の中から解決策を探す。
といったところでしょうか




しかし、僕の問題の答えは、この本の中に
答えらしきものがあるのかもしれません。

たとえば
<<人は人を予想以上に外見で判断する>>
これは、相手側と自分側で考える必要があります。

まず、相手側
自分が思っている以上に相手は、外見で判断するので
外見に気を使う。
その際に、場所や相手のことを考えて服装を決める。
外見というと、どうしても服装を考えてしまいますが
表情やしぐさなども考える必要があります。
また、すぐに身につくものではないので
訓練によって身につける必要があります。

次に自分側
外見で判断してはいけないと思うけれど
思っている以上に外見で判断していることを考える。
そのことを認識した上で、人と接する。
人の服装を見て、いいところ悪いところを勉強する。
感じがいいな という人について
何がいいのかを自分なりに勉強する。

と僕は考えました。

僕も、手帳に言葉を書いています。
しかし、書くだけで読み返したり
考えたりすることが少なかったように思います。

本のメモも読み返して、考える時間をとらなくはいけないですね。

dankogai的に言えば
本を読んだ後に、自分を読めということでしょうか

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

満足度 ★★★★

関係しそうな本
自分の小さな箱から脱出する方法
史上最強の人生戦略セミナー
弾言
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/02/16 12:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。