コーヒーとサンドイッチの法則 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > コーヒーとサンドイッチの法則ホーム > 未分類 > コーヒーとサンドイッチの法則

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コーヒーとサンドイッチの法則


コーヒーとサンドイッチの法則

非常にありがたい本です
いやほんとに
前書きを読んでそう思いました。

なぜでしょうか?

著者の竹内さんは、投資家として1000社以上の企業分析をし、
またビジネス書を2000冊以上読んだそうである。

この人の思考にただのりできるのであるから
1500円(税込 1,575円)の投資は「あると思います」

さて、この本は
1章ごと1つの戦略 合計6個の戦略について書いています。

この本の目的は、
<<他のビジネスに隠された情報を手に入れ、自社に応用して
   少ない仕事量で効率的に大きな利益を生み出せる>>

ということである。

その目的を達成するために、
企業の収益構造を理解して、表面的な姿ではなく
その企業がどのようにして利益を上げているのかに注目
し、それを分析していくということです。

コーヒーとサンドイッチの法則

個人的には、
それぞれの章のはじめにある
冒頭のきっかけのような話が好きです。

本の題名にもなっている
第4章のコーヒーとサンドイッチの法則
の書き始めは、なぜスタバでサンドイッチを売っているだろうか? から始まります。

こういう気づきを大切にしていかないとな
と考えてしまいます。

このように何気ない日常にあるふとした気づき。
このようなことをちょっと考えてみるだけでも
いい頭のトレーニングになります。

うーん・・・
怠っていたな。 反省。

第6章
なぜ多くの会社が、よく提携をするのか?
にある シンプロットの法則がいいですね

シンプロットの第一法則 誰かが成功すると、それにともなって利益を得る人がいる
シンプロットの第二法則 自分の成功にともなって利益を得る人を見つけると、自分ももっと成功できる


最近よくいわれる win-winの関係というものでしょうか
ドラッカー風に言うと 「強みにもとづいた関係」。

自分の利益が相手の利益にもなり、そしてお客様にもっといサービスが
提供でき リピーターが増えて 利益も上がる・・・・・・。

なんて妄想をしてしまいました。

その妄想を妄想で終わらせないために
この本で学んだことのNextactinを考えていこうとおもいます。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

満足度 ★★★★

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/02/18 15:37 ] 未分類 | TB(1) | CM(2)
ご感想をお書きいただき、ありがとうございます!!
著者の竹内正浩です。
>この本の目的
本書を精読いただき、大変うれしく思います!
わざわざブログにお書きいただき、ありがとうございました!
[ 2009/02/19 09:37 ] [ 編集 ]
著者の方にコメントいただけてこちらこそ
ありがとうございます。

大橋さんとのセミナーも参加したかったです。
[ 2009/02/20 21:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://smilesignal888.blog44.fc2.com/tb.php/73-d74f6290

竹内の著書『コーヒーとサンドイッチの法則 - 「利益を獲得する」ための6つの戦略』について、書評・感想を投稿いただいたブログのリンク集です。わざわざ書評や感想をお書きいただ...
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。