仕事ができる人はなぜレッツノートを使っているのか?  その2 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 仕事ができる人はなぜレッツノートを使っているのか?  その2ホーム > 未分類 > 仕事ができる人はなぜレッツノートを使っているのか?  その2

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

仕事ができる人はなぜレッツノートを使っているのか?  その2


Panasonic レッツノートW7(Core2Duo超低電圧版U7600、XP Pro 、無線LAN) CF-W7CWHAXS


レッツノートという検索でこられているひともいるみたいなので
レッツノートについて個人的に思っていることを書きます。

パソテクに見たいな事ではなく、ただ レッツノートというPCについて
のこと書くつもりです。

なぜレッツノートなのか?

それは、耐久性。
持ち運びが多いなら、検討してほしいと思います。

仕事ができる人はなぜレッツノートを使っているのか?から
下記を引用しましょう。

<<PCを過保護にしない>>
<<その場で、かばんから出して使えるくらいのラフさは必要>>

このような使い方で、耐えれるのはレッツノートの強みであると思います。

移動の多い人だと、インナーケースにいれたところで
いろいろな衝撃があると思います。

他のPCよりはレッツノートですと安心できます。
ちょっとくらい落としても平気ですしね。
(といっても落とさないようにしてください)

そして、軽いということです。
なぜだかわかりませんが、他のPCより体感的に
軽い気がします。

ネットブックとそんなにカタログ値の重さは
かわらないんですが、そんな気がします。


パナソニック レッツノートライトR7( Core2DuoU7600、Vista Business 、無線) CF-R7DW6AJR




そして、あのデザインと色。
天板の独特のあの形で
レッツノートとわかります。

と いいことばかり書いてきましたが
悪いところも。

拡張性が低い。
シェルドライブは場所をとらずにいいんですが
ドライブが壊れたときにかなりめんどくさい。
HDDの増設もちょっとくせがある。
HDDは消耗品なので壊れたときに、交換する手間が大きい。
(ということで、パナソニックさんはサポートをいろいろつけてます)

Y8はメモリの増設もできないみたいですね。
標準2GB(最大2GB)とのことです。

FANレスのころは、結構本体が熱くなったんですけど
いまはどうなんでしょうか
最新機種はさわってないです。

実は、僕がレッツノートが大好きだということは
わかっていただけたかと思います。

ほしくてたまらないんですが
やっぱり 高いんですよ。

ネットブックみたいに、衝動買いできるような値段ではないですから。

ネットブックもいろいろ制約があって、ちょっと手のかかる子ですが
そこが可愛かったりもするわけなんですよ。

最新のレッツノートを手に入れることが出来れば
また 書きたいと思います。

いつになるかは、わかりませんので
気長にお待ちください。

仕事のできる人はなぜレッツノートを使うのか?

個人的な結論
丈夫なPCであり、軽いので
パソコンを持ち運ぶことに抵抗がなくなる。
そうなると、必然的に良く使うので手放せなくなる。
バッテリーも長持ちなので、充電の必要あまりないのも
外出中に使う気にさせる。

といったところでしょうか

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/02/20 17:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。