小さな会社・儲けのルール 僕の問題は誰かが解決している

あなたの問題は誰かが解決してる という言葉を考えると・・・・・。 僕の抱えている問題も誰かが解決してるのではないかと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > 小さな会社・儲けのルールホーム > 未分類 > 小さな会社・儲けのルール

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小さな会社・儲けのルール


小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略

<<実際に独立して直面する問題の90%の解決法が
   すでに成功のトラの巻きとしてあるならば、それを先に
   学んでおくことは大事なことです>>


アマゾンのコメントに
ごく当たり前にことを書いているというのがありました。

ごく当たり前のことですが
問題は、そのごく当たり前のことを実行できてるのか
ということです。

会社は粗利益で生きている

粗利益はいつ生まれるか?

商品とお客様のお金を交換したとき

だから、お客様目線で商売をしないといけない

みなさん、ご存知ですよね。



できてます?

僕は、出来てないですね。

頭で理解していても、行動を起こしていない。
これって
理解しているというのを、他の人からみてわかるでしょうか

わからないですよね きっと。

行動してないんだから。

小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略

<<「頭ではわかっているが、面倒でやらないこと」をやり続ければ
   成功の可能性は高くなる>>

この本では、事例を使って、この面倒でやらないことを
やって成功した人たちを紹介しています。

儲けのルール7で
長時間労働が不可欠という章があります。

そこに人生の成功法則というのがあります

人生(成果)=素質(時間)(時間)+過去の実績

つまり、人生の成果は、投入した時間が大きな要素をしめるということになります。
しかも、人の2倍働くというのは、単純に2倍ではなく
時間には二乗がかかりますので 1.4倍多く働けばいいということです。

あなたが、何かを目指していて人より抜きんでようとおもったら
3倍 時間にして1.7倍物事をすればいいのです。

もちろん、時間内に一所懸命しないといけません。

量が質に変化するのは、まず量をこなさないといけない。

残念ながら、僕は弱者なので<<接近戦>>
を泥臭く実行していきます。

弱者の戦略にあった「やずや」さんの話は
この本を読んだあとに読むといっそう心にしみてきます。
書くことの重要さも教えてくれます。

起業を考えているなら、是非読んでみてください。
甘い世界でないことがわかりますし
人の失敗や成功から勉強しましょう。

読むだけでなく
<<自分を読む>> つまり 自分にできるか
それを行なうためにはどうすればいいかを 
考えながら読むのがいいです。

机の隣において
モチベーションがあがらないとき
迷ったときには読み直してみようと思います。

松下幸之助さんの商売心得帖とともに
すぐに手に取れるところにおいておきます。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

関係しそうな本
弱者の戦略
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/02/24 10:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
偶然来ました。


紹介ありがとうございます!!
[ 2009/03/27 21:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
ランキング参加中です
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

レビュープラスにも参加しています

自己啓発系や成功本が大好きですが まだ、思うように成功をしていません。 成功を求めて、今日も本を読んで実践あるのみ。 ご連絡は、electronicnotebook090118★gmail.com までお願いします ★を@にしてください。

スマイルシグナル

Author:スマイルシグナル
34歳で大阪府に住んでいます。

成功本 自己啓発本を読んで
自分自身と向き合っています。

このブログについてはこちらをみてください

オススメ本はこちらから
スマイルシグナル堂

フリーエリア
twitter&Facebook
Twitterボタン
Twitterブログパーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。